ホーム > コミック一覧 > コミック原作者一覧 > クリスティン・リマー

検索結果

クリスティン・リマーChristine Rimmer

クリスティン・リマー

1987年にハーレクイン・テンプテーションでロマンス小説界にデビュー。以来、着実にキャリアを重ね、現在はUSAトゥデイ紙などのベストセラーリストに名を連ねる人気作家に。 カリフォルニアで生まれ育ったクリスティンは、元々女優を志しており、ニューヨークで演劇の勉強をし、実際に女優として活動していた。ロマンス作家になるまで、女優も含め、ウエイトレス、ビルの管理人、モデル、テレフォンショッピングの電話受付、教師、会社員、脚本家など、実にさまざまな職業を経験。すべては作家という天職に巡り合うための人生経験だったと語っている。 ロマンス小説では、便宜結婚の物語が人気を呼んでいる彼女だが、自身の結婚は、まったく別。夫とはシングルマザーとシングルファーザーのためのディスカッション・グループで出会った。お互いに息子がいて、共通点もたくさんあったが、最初クリスティンは彼が大嫌いだったという。だが、それはもちろん本当は彼に関心があったから。デートに誘われたときには、自分が彼を全然嫌っていないことに気づいたという。 そのように結ばれた夫と、二人の息子、二匹の猫とともに、現在オクラホマ州に暮らしている。オクラホマには、互いに助け合って生きる心温かい人々や豊かな自然など、愛すべきものがたくさんあるとクリスティンは語る。 * RITA賞:アメリカロマンス作家協会(RWA)が授与する賞。コンテンポラリー、ヒストリカルなど10余りの部門で、部門ごとに一番優れた作品に与えられる。“ロマンス小説界のオスカー”ともいわれる。

検索条件

検索結果

  • 23タイトル
  • 2ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1 2

<< 前へ

1 2

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

なんて爽やかで素敵なストーリー✨:えば 2022/10/06

ヒロインが花火師という設定で、理数系の話題で盛り上がるシーンが新鮮でした(笑…

言い訳なんていらない:グラハム 2022/10/06

抗えない運命のようなタイミングで再会し、共に過ごす事に決めた二人。最初は様…

ヒール役が:なちゅられ 2022/10/05

ヒール役が出張りすぎてるし、どうしてそこまでヒーローに執着してるのか。いっ…

賠償金の行方…:kiddy 2022/10/06

ヒロインは、逃げ出してしまった結婚式の賠償金を小切手で送ったけど、ヒーロー…

家族愛とは?:ろびん 2022/10/05

1つ目のお話は完全に受け付けませんでした、無理。なんの罪もないヒロインを犠…

絵が好み:もも 2022/10/04

高潔なヒーローの立ち姿が素敵です。キラキラしているわけではないけれど、吸い…

いきなりの展開(笑):Tomi8  2022/10/06

ヒーローに自分の想いを告げに行くのに、ヒロイン何で急に踊り出す演出?(笑) ス…

話しは素敵です~:ももはちろう 2022/10/02

ストーリーとか話の運びとかはとても素敵です。気になるのは母親とお姉さんは絵…

私が家族なら。:しまねけんみん 2022/10/02

こ、、このエンドこそ、まじでもう、家族の絆は完全にキレるだろうと思います。…

えー、私は涙出たー:しまねけんみん 2022/10/05

屑揃いの一家だけど、純粋無垢なヒロインの前に少しずつみんなも人間性を取り戻…

このページの先頭へ