ホーム > 小説一覧 > 愛に踏みきる理由

愛に踏みきる理由

ハドソン家の恋事情シリーズ

愛に踏みきる理由

脚本家として活躍するシシーの前に、元恋人のジャックが突然現れた。ジャックは一族で映画会社を経営しており、社運をかけた作品の脚本をシシーに書いてほしいという。唐突な依頼に驚くとともに、久しぶりに彼の姿を目にして、シシーは罪悪感に襲われた。ジャックとは三年前につき合い、たった四カ月で別れた。そのあと、身ごもったジャックの子供をこっそり産んだことを、彼にはいっさい知らせていないのだ。償いの意味もこめ、執筆くらい引き受けよう……そう決めたシシーだが、翌日、さっそくその決断を後悔する。あろうことか執筆する間、彼の屋敷に滞在するはめになったのだ。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 660円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

ハドソン家の恋事情シリーズ

フレンチキスに誘われて
バーバラ・ダンロップ
フレンチキスに誘われて
南フランスのとある古城を訪れたシャーロットは、玄関の前に立ち、深呼吸をしてからドアベルを押した。シャーロットの一族は映画会社を経営しており、次回作の撮影場所として、どうしてもこの城を使用した…
秘書のかなわぬ夢
エミリー・ローズ
秘書のかなわぬ夢
映画会社に勤めるデイナは、意を決してボスに辞職の意を告げた。マックスのアシスタントとして働き、片思いに悩んではや五年。彼にはいつまでたっても、備品程度にしか見てもらえない。もはや叶わぬ思いに…
苺とシャンパンの記憶
キャサリン・マン
苺とシャンパンの記憶
恋人に振られ、家族にも出生を偽られていたと知り、打ちのめされたベラは一人アメリカを離れ、フランスのマルセイユにあるお気に入りのホテルに向かった。人気女優のベラでもプライバシーを侵されずにすむ…

愛に踏みきる理由 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

あれ?:ベルガモット 2021/06/22

せっかくいい感じになって、一悶着あるのかな。と思ったら、えっ?もうおわり?…

ヒーローしゃべりすぎ:tsora 2021/06/22

後半の良いところを語ってしまいすぎ…本当によくしゃべる。言い訳にも感じてしま…

比喩とウイット:むんちゃん 2021/06/22

会話が楽しい。HQでは言葉の裏側の意図を読むのが楽しみです。ヒーローがボート…

みなさん真面目すぎ:さつき 2021/06/22

ウソつきは許せないプンスカというレビューが多いですね。でも、人気テレビドラ…

良かった。:ベルガモット 2021/06/21

ヒロインのトラウマ…。わかります。動けなくなってしまうんですよね。それで、抜…

ブロンドもいい!:ロビン 2021/06/20

岩崎先生の描く男性はいつもひと目でノックダウンですが!いつもは黒髪硬派タイ…

感情のままに出来たなら:むんちゃん 2021/06/20

若い時には感情に流されたり感情のまま行動したり出来るのに、年齢を重ねると言…

155頁ですよ。:かよちゃん 2021/06/20

155頁ですよ、なんて重厚に仕上がっているのか。 まるで二冊分の内容です。普通…

じーさま…:かよちゃん 2021/06/20

皆さんのレビュー通りにじーさま最強。じーさまをじーさまらしく描けるのは腕が…

表紙が素晴らしい。:かよちゃん 2021/06/21

5億ユーロの花嫁。それを表紙一枚で表現している橋本先生が素晴らしい。構図も素…

このページの先頭へ