ホーム > 小説一覧 > 今夜だけ花嫁【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】

今夜だけ花嫁【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】

今夜だけ花嫁【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】

キャシーに選択の余地はなかった。優しかった母亡きあと、父が賭事にのめり込み、家は没落。父の死後、暴君と化した異母兄は放蕩で財産を食いつぶしたあげく、キャシーを裕福な老貴族に嫁がせようと画策していた。ある夜、いもしない恋人の存在を兄になじられ、外へ飛び出したキャシー。通りすがりの颯爽とした紳士ロスに助けを乞うたが、あえなく兄に捕まり、あろうことか彼は投獄されてしまった!もう逃げられない……。私は恋を知らないまま一生を終えるのね。彼女は想像だにしなかった。一条の光のごとく現れたロス・グレアム――高貴な出自を秘めた彼こそが、キャシーを闇から救い出す運命の人だとは。<br>*本書は、ハーレクイン・ヒストリカルから既に配信されている作品のハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

3.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 770円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

今夜だけ花嫁【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】女難の相がでてない? 評価3 3

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

不幸の文字しか目に浮かばない:tsora 2021/09/19

これは愛とは言わないと思う。最初から最後まで信頼関係を構築する様子も見えな…

両片思いのすれ違い:fraise 2021/09/19

お互い相手に好意を持っていて、気持ちを探り合いすれ違い…というストーリーは大…

背景が残念:fraise 2021/09/19

ヒロインの変身前、変身後どちらも魅力的で、ストーリーにも説得力のある素敵な…

良かった:ベルガモット 2021/09/19

良かった。もう一ページ二人の幸せな様子が見たかった。

最後までまとめないのがよかった:tsora 2021/09/18

個人的にはシンジンが好きだったな。そして、そのシンジンが変に誰かを愛すると…

変わった?:つつつ 2021/09/18

これまでの作品は、スクリーントーン(今は呼び方が違うのかも)の使い方が独特…

化石のようなヒーロー:あかい 2021/09/18

年の差カップルの世間ずれしたヒーロー、バージンの娘に誘惑されて責任取らなき…

王道:ロマ子 2021/09/18

試し読みで、めちゃくちゃ気に入ったので購入しました。 村田先生の王道のロマン…

カッコ悪くて愛おしい:むんちゃん 2021/09/18

ルックスは抜群のヒーローなのにラストシーンのカッコ悪さは半端ないです。でも…

クレオ・ノース3部作、最終章:harumaki 2021/09/18

「過ちは一度だけ」「ふたたびの切なさに」と、少しづつヒロインとヒーローの関…

このページの先頭へ