ホーム > コミック一覧 > 運命に身を任せて

Romance ロマンス

運命に身を任せて

運命に身を任せて

姉夫婦が事故で亡くなり、残された甥ベンの母親になったテイラー。そこへ、亡くなった義兄の兄ダンテが甥を自分のもとで育てたいと現れた!! 彼は大富豪として名高い実業家で、ひそかに憧れていた。しかし、テイラーとはあまりにも住む世界が違い、財産、名誉すべてを持っている。ダンテの提案に従わなければ愛する甥を奪われてしまう…。テイラーはイタリアにある彼の屋敷に移り住むことになる。しかし、甥のためだと思っても、瞳は彼を追いかけてしまい――。

3.5 評価集計 19件の評価
評価する
評価5
2
 

評価4
6
 

評価3
10
 

評価2
1
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 340円 / 450円 +消費税
ページ数 129ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • コミック一覧へ

運命に身を任せて のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

盛り上がりに欠けるけど… 評価3 3
ハーレクイン ライブラリで購入済み

ヒーロー母がヒロインを可愛がってくれて、仲良しになる設定だけで素敵なお伽噺〜(笑) ヒーローの甘々な振る舞いも胸キュンでした!

参考になりましたか?はい いいえ
う~ん 評価2 2
ハーレクイン ライブラリで購入済み

ヒロインが全然素敵に見えないの。 モテモテのヒーローがなぜ、地味過ぎるヒロインに惹かれるのか、よく分からない。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

面白い:RAIN 2021/03/06

レイプと言っても、無理矢理関係を持った訳じゃないので、犯罪とはいえないし、…

儚げな絵柄がストーリーにマッチ:みむら 2021/03/06

この先生はいつもGペンで書いたようなパワフルで合間にコメディな所が好きなん…

ひさびさに読み飛ばしました:kou 2021/03/06

話が唐突すぎてついて行けません……。ヒロインはずっと赤面してるし、ヒーローは…

拙い:ままん 2021/03/06

絵が幼いと言うか拙い 子供のぬり絵の微妙なO脚の女の子が微妙なポージングで立…

情熱的な夜を過ごした後の意外な展開…:ぴりり 2021/03/06

いつもの傲慢ヒーローと毒女の事を疑ってうじうじするヒロインの話しだと思った…

どいつもこいつも…:bluestar☆ 2021/03/06

登場人物はバカモノか計算高い人ばかり。 スカーッとなんかしない。 ムナクソ悪…

不幸な結婚生活:むんちゃん 2021/03/05

胸がつぶれる思いでした。ヒロインが自分を攻め内向的になった様子と拒絶された…

情熱的に燃えあがる2人がリアルかも…:とみぃ 2021/03/05

いつもながら荻丸先生の作品、心にじわじわ染み込みます。 登場人物それぞれの…

ファッションが可愛い:ワニャンニュ 2021/03/05

絵も綺麗だしヒロインも可愛いんだけど、何だろう、バージンに関していろいろ短…

略奪から愛へ:むんちゃん 2021/03/05

集団で村を襲い子供達を略奪するなんて、嫌悪感が拭えませんでした。ヒーローは…

このページの先頭へ