ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > ヘレン・ビアンチン

検索結果

ヘレン・ビアンチンHelen Bianchin

ヘレン・ビアンチン

1986年の日本デビュー以来、ハーレクイン・ロマンスの人気作家として長きにわたって作品を発表しつづけている。ロマンス小説界の最高峰RITA賞に二度もノミネートされた実力の持ち主。 ニュージーランド出身。幼いころから読書が好きで想像力豊かな女の子だった。21歳のとき、ワーキングホリデー制度を利用し、女友達と二人でオーストラリアへ。旅の第一歩、オーストラリアのメルボルンへ渡る船上では残念ながらロマンスにはめぐりあえなかったという。ヘレンいわく、“船酔いで4日もの間、船室に閉じこもりきりだったのよ”その後、車で友人と3カ月にもおよぶ大陸ドライブ旅行を決行。旅の最終目的地シドニーへの旅費を稼ぐため、ケアンズで働いていたとき、ついにヘレンに運命の出会いが訪れる。 ダニーロ・ビアンチン――イタリアからやってきたその青年こそが、彼女の未来の夫となる人物だった。彼の英語はお世辞にも流暢とはいえなかったうえ、ヘレンはイタリア語をまったく解さなかったにもかかわらず、二人は約半年後にゴールイン。たばこ農場共同経営者の妻となったヘレンは農場の労働者たちの食事の準備、家畜の世話、夫の所属するサッカーチームのユニフォームの洗濯等と忙しい日々を過ごす。ほどなく娘ルシアが誕生し、その3年後一家はヘレンの故郷ニュージーランドへ移り住んだ。そこで過ごした16年の間に二人の息子に恵まれる。イタリア人社会でのエピソードの数々を友人たちに話すうち、たばこ農場を舞台に魅力的なイタリア人男性を主人公にしたロマンス小説を書くことを思いついた。ダイニングテーブルでこつこつと書きためたこの作品は完成までに1年を要したが、満足な出来にはほど遠く、何度も書き直したすえ、ようやくロンドンにあるハーレクイン社のオフィスに送付した。幸運にも4カ月後、ぜひ契約したいという電報が届いたとのこと。 現在、オーストラリアはゴールドコーストに居を構え、執筆活動を続けている。愛読書はノーラ・ロバーツやリンダ・ハワードの作品。趣味はテニスに卓球、柔道と幅広い。映画を見ることも大好きで、人との交流も積極的に楽しんでいる。

検索条件

検索結果

  • 66タイトル
  • 5ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1 2 3 4 5

<< 前へ

1 2 3 4 5

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

綺麗なんだろうけど:ささみみ 2021/10/23

ちょっと読みずらい絵柄かなぁ。お話もさらっと終わって記憶に残らない感じ。

些細な事が気になって:むんちゃん 2021/10/23

ストーリーが私の中で矛盾と言うかしっくりこない点が幾つかありました。些細な…

どこに魅かれ合ったの?:ホワイトニコチア 2021/10/23

相手の気持ちなどまるきり無視の二人、ヒーローとヒロインの人としての魅力が伝…

へ?何がおきたの?:tsora 2021/10/23

最後の2P、もう笑うしかなかった。これは原作の問題か、はたまた漫画家?こんな…

カッコいいヒロイン:tsora 2021/10/23

最後まで自分を見失わない、本当にカッコいいヒロインでした。ついにハーレーで…

虐げられていたヒロイン:むんちゃん 2021/10/22

元夫に虐げられていたヒロインには、ヒーローに心を開いて幸せになって欲しいと…

ヒーロー弟のスピンオフ作品見たい(笑):らいら 2021/10/23

ヒーロー弟の『つ〜かま〜えた〜♡』の恐怖シーンで、それまでのストーリー吹っ飛…

全く共感できなかった:tsora 2021/10/22

最後の最後まで、何一つ共感どころか意味不明でしかなかった。最初でDNA検査する…

う、わ、あ、:しまねけんみん 2021/10/23

なかなかひどいね。 特にひどいのは、男二人が話し合うとき、真面目にどっちが誰…

人の不幸より自分の名誉:しまねけんみん 2021/10/22

まぁ、ヒストリカルだし、時代的に名誉だけでなく、それを捨てる際のデメリット…

このページの先頭へ