ホーム > コミック一覧 > あの日を忘れたい

Pure Romance ピュアロマンス

あの日を忘れたい

あの日を忘れたい

  • 新刊エクスプレスコミックセットMAX配信中
  • 新刊エクスプレスコミックセットⅠ配信中

陶芸家のローウェンには、忘れたい過去があった。もう二度と情熱に身をまかせたりはしないと決め、陶芸に打ちこんできた。ところが、作品に興味があるという男性ウルフと出会ったとき、忘れたはずの熱い思いが湧きあがるのを感じた。初めて会ったのに、こんなにも惹かれるのはなぜ? 出会ったその日にウルフと一夜をともにし、戸惑いながらも彼との別れ際に再会を約束するローウェン。けれど、ウルフの正体が7年前に事故で失った元恋人の異父兄だと知って──…!?

2.5 評価集計 15件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
2
 

評価3
6
 

評価2
3
 

評価1
3
 

閉じる


  • 月額コース配信終了日:

  • 2020年10月31日(新刊エクスプレスコミックセットMAX)
  • 2020年10月31日(新刊エクスプレスコミックセットⅠ)
  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 300円 / 450円 +消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • コミック一覧へ

あの日を忘れたい のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】結婚? 評価2 2

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
【ネタバレ】謎めいて 評価3 3
ハーレクイン ライブラリで購入済み

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

続きも!!:しゅんさく 2020/10/22

美中先生のハーレクイン、読みたかったので嬉しい1冊です。なんと言っても美中先…

宇宙人?:杏 2020/10/22

おでこが2センチくらいしかありません。 ハーレの漫画を読ませていただいて、い…

期待以上!:ささ 2020/10/22

・・・の面白さでした。とても楽しかったです。

とらわれの伯爵令嬢:あかい 2020/10/22

この作画さん、以前は、目の鋭い個性的?な感じでしたが、最近は小学生の絵本の…

冒険小説:むんちゃん 2020/10/22

女優のヒロインだから芝居じみた会話になるのでしょうが、ヒーローとのやり取り…

オールバックのヒーローが:ぽむぽむ 2020/10/21

妙におっさん臭く個人的に無理でした。ヒロインも理解し難い人物で、感情移入な…

私もこのシリーズ大好き:ささみみ 2020/10/20

2人の甘く切ない想いがあって、ひざまづいてのプロポーズは羨ましい限りです。…

ロマンス少ない:金鳳花 2020/10/20

サスペンスありーの、ホラー要素ありーの、神霊もありーの、そしてお笑い要素も…

偽善者だらけで:ぽむぽむ 2020/10/19

読後感が最悪でした。自分の事が一番大事な人達の話としか思えない。嫁と子供を…

愛読書にしておきたい:ハワイアン 2020/10/20

一読するだけではもったいない。 愛読書にしておきたいと思う一冊でした。

このページの先頭へ