ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > エリカ・スピンドラー

検索結果

エリカ・スピンドラーErica Spindler

エリカ・スピンドラー

イリノイ州ロックフォード出身。学生時代はアートスクールでビジュアルアートを学び、修士号を取得。現在はルイジアナ州ニューオーリンズ郊外に、夫、ふたりの息子とともに暮らしている。学生時代からの付き合いである夫と昔一緒に訪れた思い出の地ニューオーリンズは、彼女のお気に入りの町で小説の舞台としてもたびたび登場している。1982年6月のある日、エリカが地元のドラッグストアに立ち寄ったところ、レジで一冊のシルエット・ロマンスのサンプル版を渡された。何年か前に1度きりしか読んだことのなかったロマンス小説にエリカはあっという間に魅了されたという。それからの6カ月というもの手当たりしだいにロマンス小説を読みあさり、自分も書いてみようと決心をした。88年シルエット・ディザイアよりデビュー。アーティストの感性を生かしたみずみずしい描写とドラマティックなストーリーで人気作家の地位を確立した。95年、初の長編小説となる『レッド』は日本でコミック化、ドラマ化され人気を博し、読者の幅を広げた。本国アメリカで“恐ろしいほど複雑に絡み合った秀逸な物語たち”と批評家から非常に高い評価を受けているエリカの作品のなか、特に『妄執』は“殺人を単にビジネスとして遂行する、ゆがんだ心の内を覗き込んだ興味深い作品”(パブリッシャーズ・ウィークリー誌)と紹介された。またオンライン書店等のウェブサイト上でも読者レビューで常に高得点をマークし、名実あいともなうベストセラー作家としての地位を確立した。こうした北米での大成功を受け、今やエリカの作品は何カ国語にも翻訳され、世界中にファンを増やしている。

検索条件

検索結果

  • 9タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ツッコミどころだらけなのに癖になる:ガリガリ君 2021/07/25

導入部からツッコミどころだらけで(特にエロ小説みたいな契約書、あんなの見た…

うーん。これってハーレクインですか?:ベルガモット 2021/07/25

ストーリーにぎこちなさがあって、なんか酷い。母が亡くなったばかりなのに、思…

恋愛と勝負ごとに関して:むんちゃん 2021/07/25

ヒーローに傷付けられ嘆くヒロインだけど、最初から「恋愛と勝負ごとに関しては…

えっ…。:ベルガモット 2021/07/24

ヒーローには、狂気を感じる。カウンセリングを受けた方がいいのではないか?変…

ヒーロー誠実でいい人だった✨:なの 2021/07/24

傲慢ヒーロー慣れしてたから、誠実なヒーローが出てくると胸がトキメキます〜(*≧…

ヒーローにモヤモヤ:とっと 2021/07/24

ヒロインを見下すような上流階級の女性のことを、ヒーローただのビジネス上の付…

かわいいお話だと思います。:ももはちろう 2021/07/24

明るい雰囲気とテンポで読みやすく、相手を思う気持ちも好感が持てて読み終わり…

忘れられぬ抱擁:下手すぎる〜 2021/07/23

出版していいレベルじゃないです。 原作者に失礼では?

う~んまぁ、でしょうね:あかい 2021/07/23

原作が問題なのかしら?まず、関係を持つなら、離婚後か別人ならいいけど、血縁…

1ヶ月後の楽しみ方が異常(笑):しまねけんみん 2021/07/23

クッキーのくだり。 よほど楽しみだったのね(笑) おもしろかった。何度も読める…

このページの先頭へ