ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > エリカ・スピンドラー

検索結果

エリカ・スピンドラーErica Spindler

エリカ・スピンドラー

イリノイ州ロックフォード出身。学生時代はアートスクールでビジュアルアートを学び、修士号を取得。現在はルイジアナ州ニューオーリンズ郊外に、夫、ふたりの息子とともに暮らしている。学生時代からの付き合いである夫と昔一緒に訪れた思い出の地ニューオーリンズは、彼女のお気に入りの町で小説の舞台としてもたびたび登場している。1982年6月のある日、エリカが地元のドラッグストアに立ち寄ったところ、レジで一冊のシルエット・ロマンスのサンプル版を渡された。何年か前に1度きりしか読んだことのなかったロマンス小説にエリカはあっという間に魅了されたという。それからの6カ月というもの手当たりしだいにロマンス小説を読みあさり、自分も書いてみようと決心をした。88年シルエット・ディザイアよりデビュー。アーティストの感性を生かしたみずみずしい描写とドラマティックなストーリーで人気作家の地位を確立した。95年、初の長編小説となる『レッド』は日本でコミック化、ドラマ化され人気を博し、読者の幅を広げた。本国アメリカで“恐ろしいほど複雑に絡み合った秀逸な物語たち”と批評家から非常に高い評価を受けているエリカの作品のなか、特に『妄執』は“殺人を単にビジネスとして遂行する、ゆがんだ心の内を覗き込んだ興味深い作品”(パブリッシャーズ・ウィークリー誌)と紹介された。またオンライン書店等のウェブサイト上でも読者レビューで常に高得点をマークし、名実あいともなうベストセラー作家としての地位を確立した。こうした北米での大成功を受け、今やエリカの作品は何カ国語にも翻訳され、世界中にファンを増やしている。

検索条件

検索結果

  • 9タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

日本が舞台:むんちゃん 2020/12/06

HQには珍しく日本が舞台になっています。そしてヒーローも日本人なの。なかなか…

反則:e 2020/12/05

115ページ目の、ヒロインに去られた時のヒーローの顔!反則ですね。ヒロインも、…

思いやりがあたたかい:ラブフル 2020/12/05

辛い経験をした女の子へのヒーローヒロインの徹底した思いやりがこの物語のキモ…

身勝手な父親:あかい 2020/12/04

ニコが亡くなる1年前まで、独身だったことやどんな生活だったのか気になりました…

うつくしい:愛音 2020/12/04

画風がハーレクインの世界に必須です。物語の運びもよくて愉しめました。大富豪…

表紙を見て サンプルを読み:みち 2020/12/05

羽生シオン先生の今まで見たことのない絵 気になりサンプルを読み 購入した。 …

唐突に大団円:kou 2020/12/04

素敵すぎる^^ 終盤のヒーローのプロポーズに大爆笑。さちみ先生が選んで描か…

線がくっきり:dee 2020/12/05

羽生シオン先生のお話は結構な数を読んでますが、いつも線が(というか絵そのも…

途中で断念:しまねけんみん 2020/12/05

ヒロインの、底抜けの図々しさに、 心の底から嫌悪感。 最初の10ページくらい…

ヒロインも相当ダメだと思うけど:kou 2020/12/05

昔のことよ、と言いながら未練たらたら…。吹っ切ることもできないし、ビジネスラ…

このページの先頭へ