ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > キャシー・G・サッカー

検索結果

キャシー・G・サッカーCathy Gillen Thacker

キャシー・G・サッカー

シルエット・スペシャル・エディションで注目の作家。2004年2~5月刊行の四部作『デブロー家の伝説』に代表されるように、家族の絆をあたたかな筆致で描く作風にファンも多い。北米ではベストセラーリストにたびたび名を連ね、これまでに刊行された作品はおよそ50冊を超える実力派。キャシー自身の人柄を彷彿とさせるほのぼのとしたラブストーリーは現在17の言葉に訳され、世界35カ国で読まれている。 ロマンス小説を書きはじめたのは、子供たちがまだ幼かったころ。お昼寝の時間の暇つぶしとしてキッチンのテーブルで短編を書いてみたのがきっかけだという。もちろんすんなりとはいかず、書き上げるのに何カ月もかかった。執筆の予想以上の面白さと難しさにやりがいを感じ、その後6作品を完成させるが、出版まではいたらなかった。結局1982年、ようやく8作目にして念願のデビューを果たした。 小説家として心がけているのは“読む人にパワーと夢へと近づく勇気を与えること”。書きたいことがたくさんありすぎて時間が足りないと嘆くほどの創作好き。長いキャリアの中で、手書きだった原稿はやがてタイプライターを経てパソコンで仕上げるようになり、仕事場は狭いキッチンからガレージの上の広い部屋へと変貌を遂げて、より快適な環境で執筆をおこなっている。 夫のチャーリーとは高校生のときからのつきあい。およそ30年連れ添った今でも、“彼以上にすてきな男性は見つかりません”と断言する。趣味はお菓子やケーキを作ることで、とりわけお手製のブラウニーの味は自他ともに認めるところ。ほかにもエクササイズやショッピングを楽しむ日々を送っている。

検索条件

検索結果

  • 4タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

おはよう、マイラブ:なちゅられ 2022/07/06

に全てを持ってかれました。ヒーローとヒロインに嫌味がなくて癒されました。何…

つまらない:クラッチ 2022/07/06

大きな顔と文字しかないのであんまり読む気にならなかった。絵が苦手なんでしょ…

うーん:カエル 2022/07/05

ヒーローが傲慢すぎて、なんとなく受け入れられませんでした。そのせいか、始終…

混乱するのが目的かと:しまねけんみん 2022/07/04

おもうほど、ヒロインの行動選択がなぞ。傷つけられても耐えます的な話だけど、…

彼ばかりを責められない:ささみみ 2022/07/06

ってヒロイン、菩薩ですか?

モテないだろうなぁ:峰 不二子 2022/07/06

ヒロインが安っぽすぎるでしょ。

カクカクしてる:ワニャンニュ 2022/07/06

絵がとか動きがとかではなく話の進め方がギクシャクしてて、とっ散らかった印象…

ただし美女に限る!:セーラ 2022/07/03

数々の短所を持つ男性でも許せるとして、「ただし、イケメンに限る」のセリフが…

このページの先頭へ