ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > キャロル・グレイス

検索結果

キャロル・グレイスCarol Grace

キャロル・グレイス

日本でのデビュー作は1991年刊行の「天国の気分」(L-476)。以来、シルエット・シリーズで活躍している作家の一人である。いちずに恋するヒロインの気持ちがリアルに伝わってくる作風と、心温まるストーリーで人気が高い。 キャロルの人生は旅に彩られていると言っても過言ではない。生まれも育ちもイリノイだが、大学の三年次をパリで過ごし、アメリカに戻ってロサンゼルスの大学院に通った。その後、サンフランシスコに移り、未来の夫と出会うことになる公共テレビ局チャンネル9に就職する。語学力を生かしてフランス語での広告宣伝に関わっていたが、テレビ局を辞したのちは病院船で働きながら、ギニア、ニカラグア、チュニジア各国への三度にわたる航海を体験。結婚後は、夫とともに英語教師としてアルジェリアやイランに住み、異国の地での生活を満喫した。現在はカリフォルニアで、太平洋を臨む見晴らしのいい場所に居を構え、夫と二人の子供とともに暮らしている。これまでに数多くの地域を訪れたが、なかでも世界遺産に指定されているイランの遺跡ペルセポリス、8月のパリ、誰もいない早朝のフロリダの海岸が、とてもロマンティックで気に入っているという。独身時代に住んでいた街サンフランシスコは、現在もその近郊で生活していることもあって、作品の舞台として好んで使うと語る。 誰にも干渉されずに仕事ができる作家という職業をこよなく愛するキャロルだが、コンピューターの前に長時間座りっぱなしである点は、どうしても好きになれないとのこと。長年連れそった夫とは今も仲むつまじく、宝物は夫からもらった琥珀と語る。パートナーとのすばらしい関係を保つこつは一緒にお風呂に入ること このことからも、夫婦仲のよさがうかがいしれる。 海外での豊富な体験を糧として多くの作品を発表してきた彼女にとって、小説の執筆は旅と同じくらい人生に刺激をもたらしてくれるものだという。

検索条件

検索結果

  • 11タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

どう言うこと:あかい 2022/12/08

双子の姉妹なのに、姉が保身ばかり、自分本位でウンザリ。ベルが必死で姉を庇う…

すっきりしない:ホワイトニコチア 2022/12/08

なぜヒロインは捨てられたのか、納得できる理由ではありませんでした。

絵は我慢した:るしあん 2022/12/08

でも、双子設定のジェシカが気になって探して見つけました。 「運命の人を探して…

誠実なヒーロー:グラハム 2022/12/08

冒頭の激しい描写に驚き、この先の展開が読めなくてハラハラしましたが、五年後…

本当の幸せを掴んで欲しい!:グラハム 2022/12/08

自分の母親が一体どんな人物だったか。それをよく知るヒロインは、検事という職…

永遠の愛:グラハム 2022/12/08

この作品を初めて読んだ時、白黒の世界が全てカラーに見えるという不思議な経験…

泣けた~:もも 2022/12/08

わんこたちや家政婦さん、妹や婚約者など、脇役の描かれ方が素敵でした。ヒーロ…

ヒーローが当たり散らすのも仕方ないか…:なの 2022/12/08

事故で体が麻痺して絶望感に苛まれてる心身共にボロボロの状態で、いきなり隠し…

普通なら距離を置きそうなのに…:とっと 2022/12/08

隣人のヒロインのうっかりで、2回も火事騒ぎに巻き込まれたのに好きになっちゃ…

GODIVAといえども:ネル 2022/12/08

ヒロインがふたまたかけているふたりのBFからのドラッグストアで買ったチョコに…

このページの先頭へ