ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > クリスティン・リマー

検索結果

クリスティン・リマーChristine Rimmer

クリスティン・リマー

1987年にハーレクイン・テンプテーションでロマンス小説界にデビュー。以来、着実にキャリアを重ね、現在はUSAトゥデイ紙などのベストセラーリストに名を連ねる人気作家に。 カリフォルニアで生まれ育ったクリスティンは、元々女優を志しており、ニューヨークで演劇の勉強をし、実際に女優として活動していた。ロマンス作家になるまで、女優も含め、ウエイトレス、ビルの管理人、モデル、テレフォンショッピングの電話受付、教師、会社員、脚本家など、実にさまざまな職業を経験。すべては作家という天職に巡り合うための人生経験だったと語っている。 ロマンス小説では、便宜結婚の物語が人気を呼んでいる彼女だが、自身の結婚は、まったく別。夫とはシングルマザーとシングルファーザーのためのディスカッション・グループで出会った。お互いに息子がいて、共通点もたくさんあったが、最初クリスティンは彼が大嫌いだったという。だが、それはもちろん本当は彼に関心があったから。デートに誘われたときには、自分が彼を全然嫌っていないことに気づいたという。 そのように結ばれた夫と、二人の息子、二匹の猫とともに、現在オクラホマ州に暮らしている。オクラホマには、互いに助け合って生きる心温かい人々や豊かな自然など、愛すべきものがたくさんあるとクリスティンは語る。 * RITA賞:アメリカロマンス作家協会(RWA)が授与する賞。コンテンポラリー、ヒストリカルなど10余りの部門で、部門ごとに一番優れた作品に与えられる。“ロマンス小説界のオスカー”ともいわれる。

検索条件

検索結果

  • 29タイトル
  • 2ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1 2

<< 前へ

1 2

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

定番のロマンスですが:ゆりあ 2021/04/19

H&amp;H共に心理描写も良くて愉しめました。絵柄も美しくベテランの先生なので安…

おじさんヒーロー(笑):ワニャンニュ 2021/04/19

それも、若い子(ってほどでもないけど笑)に振り回されるおじさんでしたね(笑)で…

手強いヒロイン(笑):ワニャンニュ 2021/04/19

これはもうヒーローの粘り勝ちです(笑)ちょっと図々しくも見えるヒーローにお節…

ヒーローの心の闇が…:ぴりり 2021/04/19

つらい過去があるヒーロー、悪い人じゃないけどヒロインどこに惹かれたのか〜?…

ヒロインはいい人達に囲まれてるけど…:とっと 2021/04/19

ヒロインが、契約結婚の手続きをしたヒーロー弁護士と、家族の一員のように同居…

元カノのストーカー化が迷惑だわ!:ぴりり 2021/04/19

ヒロインに追及されて、次々にボロを出すヒーロー(笑) 最初っから気になるこ…

面白い:パティ 2021/04/19

お互いに好き同志なのに、愛されていないと誤解してすれ違います。お勧めの一冊…

赤ちゃんの可愛さに目がいっちゃう〜✨:なの 2021/04/18

ヒーロー&ヒロインの関係がさっぱりし過ぎ〜。もう少しロマンス感が欲しかった…

定番の結婚式当日のドタキャン………:とっと 2021/04/18

ハーレの世界ではよくある設定。すっぽかしたり、すっぽかされたり………海外ではよ…

健気なヒロイン大好きです。:あかい 2021/04/19

真面目に挫ける事無く努力で自分の道を切り開いてきた人に、最後にご褒美で永遠…

このページの先頭へ