ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > クリスティン・リマー

検索結果

クリスティン・リマーChristine Rimmer

クリスティン・リマー

1987年にハーレクイン・テンプテーションでロマンス小説界にデビュー。以来、着実にキャリアを重ね、現在はUSAトゥデイ紙などのベストセラーリストに名を連ねる人気作家に。 カリフォルニアで生まれ育ったクリスティンは、元々女優を志しており、ニューヨークで演劇の勉強をし、実際に女優として活動していた。ロマンス作家になるまで、女優も含め、ウエイトレス、ビルの管理人、モデル、テレフォンショッピングの電話受付、教師、会社員、脚本家など、実にさまざまな職業を経験。すべては作家という天職に巡り合うための人生経験だったと語っている。 ロマンス小説では、便宜結婚の物語が人気を呼んでいる彼女だが、自身の結婚は、まったく別。夫とはシングルマザーとシングルファーザーのためのディスカッション・グループで出会った。お互いに息子がいて、共通点もたくさんあったが、最初クリスティンは彼が大嫌いだったという。だが、それはもちろん本当は彼に関心があったから。デートに誘われたときには、自分が彼を全然嫌っていないことに気づいたという。 そのように結ばれた夫と、二人の息子、二匹の猫とともに、現在オクラホマ州に暮らしている。オクラホマには、互いに助け合って生きる心温かい人々や豊かな自然など、愛すべきものがたくさんあるとクリスティンは語る。 * RITA賞:アメリカロマンス作家協会(RWA)が授与する賞。コンテンポラリー、ヒストリカルなど10余りの部門で、部門ごとに一番優れた作品に与えられる。“ロマンス小説界のオスカー”ともいわれる。

検索条件

検索結果

  • 29タイトル
  • 2ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1 2

<< 前へ

1 2

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

悲しく切なくそして:まーちゃん 2020/09/27

温かな優しさに満ち溢れたラスト。こんなハーレクインもあるんですね。イヤイヤ…

台詞の醍醐味:まーちゃん 2020/09/27

みなみ先生の抒情詩のような台詞が大好きです。これがハーレ初作品とのこと。な…

立ち読み(無料)で終わり:UMIYASHI 2020/09/27

画力が拙すぎて話しになりません。このデキは原作者がかわいそうですよ…雑誌でも…

傲慢か一途か:むんちゃん 2020/09/27

ヒーローがどんな人なのか判断するのに時間がかかりました。でも何故か引き込ま…

ヒロインが好きではない:いお 2020/09/27

元婚約者に対しての仕打ちが酷すぎる。 母親への評価も他人にスノッブとか言っち…

ヒロインのネガティブ思考に今後も苦労しそう:LLL 2020/09/26

ヒーローは男性として完璧。だからついヒロインの欠点が目に付いてしまう。ネガ…

ヒーロー、ヒロインが素敵!:みっきー 2020/09/27

元々橘先生のヒーローが超好みで単行本で追いかけてたんですが、どこでも観れる…

コミックスの方が好きかな:sakura 2020/09/27

原作はとっても面白いけど仕事仲間が全員亡くなってヒロインだけ生き残って最後…

アッサリ:さわだ 2020/09/26

立ち読みで続きが気になって購入。 結末アッサリしすぎて拍子抜けしました。

途中までは面白かった…けど:きゃろる 2020/09/25

ヒーローもヒロインも恋愛感情に目が曇りまくってて冷静に状況を判断できていな…

このページの先頭へ