ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > クリスティン・リマー

検索結果

クリスティン・リマーChristine Rimmer

クリスティン・リマー

1987年にハーレクイン・テンプテーションでロマンス小説界にデビュー。以来、着実にキャリアを重ね、現在はUSAトゥデイ紙などのベストセラーリストに名を連ねる人気作家に。 カリフォルニアで生まれ育ったクリスティンは、元々女優を志しており、ニューヨークで演劇の勉強をし、実際に女優として活動していた。ロマンス作家になるまで、女優も含め、ウエイトレス、ビルの管理人、モデル、テレフォンショッピングの電話受付、教師、会社員、脚本家など、実にさまざまな職業を経験。すべては作家という天職に巡り合うための人生経験だったと語っている。 ロマンス小説では、便宜結婚の物語が人気を呼んでいる彼女だが、自身の結婚は、まったく別。夫とはシングルマザーとシングルファーザーのためのディスカッション・グループで出会った。お互いに息子がいて、共通点もたくさんあったが、最初クリスティンは彼が大嫌いだったという。だが、それはもちろん本当は彼に関心があったから。デートに誘われたときには、自分が彼を全然嫌っていないことに気づいたという。 そのように結ばれた夫と、二人の息子、二匹の猫とともに、現在オクラホマ州に暮らしている。オクラホマには、互いに助け合って生きる心温かい人々や豊かな自然など、愛すべきものがたくさんあるとクリスティンは語る。 * RITA賞:アメリカロマンス作家協会(RWA)が授与する賞。コンテンポラリー、ヒストリカルなど10余りの部門で、部門ごとに一番優れた作品に与えられる。“ロマンス小説界のオスカー”ともいわれる。

検索条件

検索結果

  • 29タイトル
  • 2ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1 2

<< 前へ

1 2

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

う~ん:熊ちゃん 2021/01/23

ヒロインが全然素敵に見えないの。 モテモテのヒーローがなぜ、地味過ぎるヒロイ…

購入やめました。:RAIN 2021/01/23

絵が古い。服装もダサい。一卵性と見える五つ子が2組と男女の双子、その不自然な…

シンデレラ物語:Lili 2021/01/22

ハーレクインのシンデレラストーリーでした!優しい実の両親が亡くなり、意地悪…

苦手かな:アンカラ 2021/01/23

ひきつったような表情が目立つし、ギャグ漫画みたいに絵がガチャガチャしてて苦…

後半が残念:むんちゃん 2021/01/22

途中迄は最高に面白くて楽しかったです。でも後半 お金持ちの令嬢が出てきてから…

ヒロイン心広すぎ:ヨコヨコ 2021/01/22

結婚式に来ないとか、嫌がらせで火事とか 死ぬまで許さん!って出来事を笑って許…

荻丸先生大好きです:熊ちゃん 2021/01/22

泣ける。

高慢と偏見:れん 2021/01/22

映画化、舞台化されている有名な原作ですが、漫画化は望月玲子先生によって2冊組…

畑違い:Z太 2021/01/22

とかジャンル違いかなあ。どのシーンも口がポカーンとあいていて欲情している表…

ヒストリカルは面白いな:ローズマリー 2021/01/22

契約結婚から始まるのはハーレクインでは珍しくはありませんが、ヒロインが健気…

このページの先頭へ