ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > スーザン・アンダーセン

検索結果

スーザン・アンダーセンSusan Andersen

no image

現代的でセクシーなロマンスを得意とし、NYタイムズをはじめとする全米各紙ベストセラーリストの常連。初期には完璧な女性像を描いていたが、最近では等身大でリアルなヒロインが多いという。J・A・クレンツ、S・キャメロン、E・ローウェル、L・フォスターらと共同でブログを持つなど、ロマンス作家のあいだでも顔が広い。ワシントン州シアトル在住。

検索条件

検索結果

  • 4タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

満足:Ruka 2021/06/16

二人のラブラブの様子が見られたので、私は満足です。亡兄の子供に愛情を注ぐヒ…

ロマンスってどこにあったんだろう…:ぴりり 2021/06/16

結局は2人とも一目惚れ状態だったけど、最悪な状況で出逢ってしまったから心の…

そこまででもないかな:あかい 2021/06/16

内容は、余り期待して読むほどではなく、むしろサラッと流し読むくらいがいいの…

めぐりあう絆:ゴンジュ 2021/06/16

材料はいいのだが、いまいち盛り上がりに欠ける。

あとがきに納得:kou 2021/06/16

確かに謎は多いのですが(笑)。でも、とても素敵なお話でした。こんな神様の采…

いつの時代なのかしら…:ぴりり 2021/06/16

自宅でのディナーに着てるドレスがどんだけフリフリゴテゴテか〜〜〜!ってちょ…

全てがセンスがいい:tsora 2021/06/16

ジェイミーの優しさと自立心は、軟な男にはついていけないと思う。学生の時と同…

話は嫌いじゃない:ハレルヤ 2021/06/15

が、ヒーローが自分の過去にこだわるパターンはろくなのがないよね。 ヒロインの…

不完全燃焼:むんちゃん 2021/06/15

物足りない感じでした。大学時代の友人と会った時もストーカー女性に会った時も…

嘘つきすぎ:アンティグア・バーブーダ 2021/06/15

ただでさえアホみたいな顔でイライラさせられるのに、「(夢か男か聞かれて)私…

このページの先頭へ