ホーム > 小説一覧 > 値打ちのない花嫁

値打ちのない花嫁

値打ちのない花嫁

屋敷と財産を賭博で失った父が蒸発し、シーアは独り取り残された。父は最後にサー・デヴリンなる貴族を相手に大負けして、彼女の花嫁持参金まで巻き上げられていた。路頭に迷ったシーアは苦渋の選択でサー・デヴリンの館を訪れ、切なる願いを申し出た――私をもらってください、と。デヴリンは突如現れたみすぼらしい身なりの女性の言葉に驚きつつも、理想の花婿と見るやつきまとってくる貪欲な令嬢たちを退けられ、跡継ぎも手に入るなら好都合と、彼女の願いを叶えてやることにする。半年前に見かけた瞬間から彼に恋していたシーアは舞い上がるが、初夜を迎えた翌日から、夫は急に冷たく無口になってしまい……。

3.5 評価集計 5件の評価
評価する
評価5
2
 

評価4
1
 

評価3
1
 

評価2
1
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 770円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

値打ちのない花嫁 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

飽きずに読めました 評価4 4
ハーレクイン ライブラリで購入済み

ロジャーとキャロラインやポールとグラディスなどの別カップルのお話もあったらうれしいですが。本作のヒロインも含めてみなさん曲者ですね。一筋縄ではいきません、そういう点でヒストリカルといえども現代的な女性ばかりです。

参考になりましたか?はい いいえ
好き 評価5 5

文句なしに面白かった。他の作品も読みたいと思った。当分この作家にハマルかも♡

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

ポイント2倍

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

やっちゃったね:tsora 2021/10/28

酷い言い方かもしれないけど大人のような美しすぎる赤ちゃん…抱っこしたくない!…

画は:ぽんた 2021/10/27

最新のものより拙い感じがしますが、ヒロインの心模様とかヒーローとの関係性と…

さちみ先生の:ぽんた 2021/10/27

ヒストリカルストーリーはすごくいいです。 現代ものより背景も服装も大変そうで…

何だろう・・:ぽんた 2021/10/27

さちみ先生の画がすごく好きって訳じゃないのに読むとすごくいい!やっぱりスト…

やっぱり:ぽんた 2021/10/27

作画の上手さは大事ですね。ストーリー展開もよくて購入して良かったです(^-^)

原作より良い:まる 2021/10/27

原作も読みましたが、こちらコミックの方が繊細で切なくて、良いですね!

一言…信頼関係は?:tsora 2021/10/27

体の関係も大事だけど、信頼関係のない夫婦が一時的に感傷的になったハッピーエ…

なんのこっちゃ(笑):なの 2021/10/26

写真見て一目惚れしちゃったヒーローが、1人で胸きゅんきゅんさせながら、オタ…

正反対な二人:むんちゃん 2021/10/26

ヒーローは理性でヒロインは感情で意志決定をしていました。正反対な二人を赤ち…

設定が・・・:kou 2021/10/26

あり得なさ過ぎて首をかしげたくなるけれど(笑)、ハーレだし! 素直に楽しめ…

このページの先頭へ