ホーム > 小説一覧 > 魅せられた伯爵【ハーレクイン・セレクト版】

魅せられた伯爵【ハーレクイン・セレクト版】

魅せられた伯爵【ハーレクイン・セレクト版】

22歳のモリーは、仕事でイングランド郊外へやってきた。華やかな世界を夢見ていたのに、モリーの初仕事は、地元の老婦人に料理の取材をすることだった。がっかりしながらも約束の場所へ急いで車を走らせていると、対向車線の高級車に衝突しそうになってしまう。車から降りてきたのは、びっくりするほどハンサムで裕福そうな男性だった。「僕はアレクサンダー・ヴィリヤーズ・セント・オテル伯爵だ」モリーは上司から“地域一帯から敬われる崇高な伯爵”の話を聞いていた。彼のことだったのね。それにしては、すごく態度が横柄だけれど……?おまけに、出会ったばかりのわたしにキスをするなんて!<br><br>■ポーカーフェイスの下で心乱れるのは、あの人のせい――。HQロマンス史上最も愛された大スター作家の一人といえば、ペニー・ジョーダン。新人でも一生懸命なヒロインが、富と権力を併せ持つ伯爵に翻弄されるキュートなロマンスです。<br>*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円 +消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

魅せられた伯爵【ハーレクイン・セレクト版】 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

長編サスペンス:むんちゃん 2020/10/26

読みごたえのある長編サスペンスでした。複線が張り巡らされていて、とても面白…

これで終わり??:風吹 2020/10/25

この先生の作品は必ずしも結末までぶっとぶわけではないので、恐らく原作に対し…

私もラストがちょっと…:シャドール 2020/10/25

ジェシカの作品なので暴君、健気なヒロインという設定は想像していましたが、ち…

早く続きを!:マリン 2020/10/25

早く次が読みたい!ローズはどうなるの?

よくあるロマンティックサスペンス:ハル 2020/10/25

ハーレっぽくはないけど、よくあるロマンティックサスペンスです。軽快な文章で…

あまりに評判がわるいので:とむ 2020/10/25

かえって気になってしまい購入してしまいました。そもそもハーレクインって今ど…

話の内容より絵が致命的:スサト 2020/10/25

黒髪のヒーローが、途中黒髪を塗られなくなり、ページが全部白くメリハリがない…

これはえぐい:杏 2020/10/25

初っぱなから厚かましい研修医が、上司にズケズケと言い寄って、常軌を逸した恋…

ヒーロー最悪!!:ハレルヤ 2020/10/25

女の人にとって、どういう行為が傷つき、嫌がるかということもわからないやつが…

キュート:もも 2020/10/24

可愛い二人に終始ニヤニヤしながら読み進めました。からっと爽やかで楽しかった…

このページの先頭へ