ホーム > 小説一覧 > 忘れられぬ抱擁【ハーレクイン・セレクト版】

忘れられぬ抱擁【ハーレクイン・セレクト版】

忘れられぬ抱擁【ハーレクイン・セレクト版】

わたしの名前は……エミリア・メレンデス?自動車事故に遭い、昏睡から覚めた彼女を待っていたのは、過去2年の記憶の空白と、自分のものとは思えない人生だった。ベッドの傍らで彼女を見つめるセクシーな男性は夫だという。ハビエルと名乗るスペイン人の彼にはまったく覚えがないのに、その男らしさにエミリアは激しく心を揺さぶられた。自家用ジェットで彼の豪奢な邸宅が立つセビーリャへ飛ぶと、夫婦の寝室には確かに彼女の痕跡があるが、やはり思い出せない。それなのに、このベッドで他人同然の夫と眠るというの?恐れと、体に走った得体の知れない疼きに、エミリアはおののいた。<br><br>■ホットな記憶喪失ロマンスをお届けします。何も思い出せないのに、夫婦の相性だけ抜群なんて。エミリアは愛された記憶を取り戻したいと願いますが、夫にとっては義務的な結婚だったと知り……。ドラマティックな展開に、目が離せません!<br>*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 605円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

忘れられぬ抱擁【ハーレクイン・セレクト版】 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ヒーローにときめかなかった…:とみぃ 2021/04/20

絵はとっても綺麗で読みやすかったのですが、何とも 盛り上がりに欠けてしまって…

拍手:あかい 2021/04/19

増刊号で漫画を読みました。原作も読みました。今までのベティ・ニールズ原作も…

よくもここまで思い込みで人を罵倒できる:しまねけんみん 2021/04/19

そう思うのは、私が読み放題でしか漫画を読まない程度の ザ 庶民 だからでしょ…

定番のロマンスですが:ゆりあ 2021/04/19

H&amp;H共に心理描写も良くて愉しめました。絵柄も美しくベテランの先生なので安…

おじさんヒーロー(笑):ワニャンニュ 2021/04/19

それも、若い子(ってほどでもないけど笑)に振り回されるおじさんでしたね(笑)で…

手強いヒロイン(笑):ワニャンニュ 2021/04/19

これはもうヒーローの粘り勝ちです(笑)ちょっと図々しくも見えるヒーローにお節…

ヒーローの心の闇が…:ぴりり 2021/04/19

つらい過去があるヒーロー、悪い人じゃないけどヒロインどこに惹かれたのか〜?…

ヒロインはいい人達に囲まれてるけど…:とっと 2021/04/19

ヒロインが、契約結婚の手続きをしたヒーロー弁護士と、家族の一員のように同居…

元カノのストーカー化が迷惑だわ!:ぴりり 2021/04/19

ヒロインに追及されて、次々にボロを出すヒーロー(笑) 最初っから気になるこ…

面白い:パティ 2021/04/19

お互いに好き同志なのに、愛されていないと誤解してすれ違います。お勧めの一冊…

このページの先頭へ