ホーム > 小説一覧 > ヴィーナスの目覚め【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

ヴィーナスの目覚め【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

ヴィーナスの目覚め【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

アレサンドロは高級車を降り、荒れ果てた屋敷を見つめた。ここにトマソの孫娘、ローラ・ストウがいるはずだ。“孫娘を見つけ、イタリアに連れてきてほしい”亡き父の共同経営者であるトマソにそう頼まれたのは、数日前のこと。孫娘を連れて帰れば、イタリア屈指の大企業の会長職を譲ると約束され、アレサンドロは会社の全権を握るために、イギリスへやってきたのだ。とにかくローラに会って任務を果たしてしまおうと、彼は屋敷の近くにいた使用人らしき女に話しかけた――まさかこの不器量でずんぐりとした無愛想な女性が、当のローラ・ストウだとは思いもせず。<br><br>■ローラは父を知らず、母も彼女を産んですぐに亡くなったため、母方の祖父母に育てられました。世間の白い目を避け、片田舎で貧しい倹約生活をする彼女は、華麗なイタリア富豪アレサンドロから見ればまさに、醜いあひるの子。そんな二人が恋におちる瞬間とは?<br>*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円 +消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

ヴィーナスの目覚め【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

説明とじっさいのストーリーが違っています:サラ 2020/09/21

説明されているものと、じっさいのストーリーがまったく別ものでした。これは記…

へぇ!:ぷみりん 2020/09/21

オチもついていつつ、原作を読みたくなりましたが、よくまとまっていて面白いです

背景の人物は:つつつ 2020/09/21

高橋まりこさんが描かれた?

うーん:ぷみりん 2020/09/21

結局、どうして誤解だったかが分からず

あらすじ違う作品だよ〰️:かよちゃん 2020/09/21

以前の別の作品のレビューにも書いたけど、校正が酷い。編集部は反省しなさい。…

ヒーローへの復讐:まーちゃん 2020/09/21

にしてもあまりにも屈折した愛情表現。ここまでやるって、ちょっと怖い。ヒーロ…

コミックも読みましたが:まーちゃん 2020/09/20

コミックレビューにも書きましたが、とにかくこの父親が気持ち悪い。マーガレッ…

どちら側からとらえるか:yui 2020/09/20

母から見れば娘の遺伝子は、自分と提供者。 提供者から見れば娘には自分の遺伝子…

彩色がイマイチ:アリスンさま大好き 2020/09/20

モノクロの時は♥×4くらい好きな作品だったのに、彩色のセンスがなさすぎで、カラ…

やれやれ:ピッパ 2020/09/20

最初から稀にみる強引なアプローチをかけるヒーローにめちゃくちゃ引いた しかも…

このページの先頭へ