ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > ジュリア・ジェイムズ

検索結果

ジュリア・ジェイムズJulia James

no image

2004年にハーレクイン・ロマンスに登場して以来、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気作家。情熱的な作風で、ロマンスの王道と呼ぶにふさわしいストーリー展開を得意とする。 家族とイングランドに住む。10代のころにジョーゼット・へイヤーやダフネ・デュ・モーリアと並んで初めて読んだ“大人の”小説がイギリス版ハーレクイン・ロマンスだったという。それからずっと愛読し続けている。 季節を問わずイギリス、ケルトの田園風景をこよなく愛するジュリアは、城から田舎家まで、歴史の香りがするものに魅了されている。イングランドに次いで申し分のない場所である地中海への思いも深く、いずれもロマンス小説にとって理想的な舞台だと考えている。 執筆の合間にはウォーキング、ガーデニング、縫い物、甘いチョコレートケーキづくりを楽しんでいる。もちろん太らない体づくりも欠かせない。

検索条件

検索結果

  • 47タイトル
  • 3ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1 2 3

<< 前へ

1 2 3

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

へ?何がおきたの?:tsora 2021/10/23

最後の2P、もう笑うしかなかった。これは原作の問題か、はたまた漫画家?こんな…

カッコいいヒロイン:tsora 2021/10/23

最後まで自分を見失わない、本当にカッコいいヒロインでした。ついにハーレーで…

虐げられていたヒロイン:むんちゃん 2021/10/22

元夫に虐げられていたヒロインには、ヒーローに心を開いて幸せになって欲しいと…

ヒーロー弟のスピンオフ作品見たい(笑):らいら 2021/10/22

ヒーロー弟の『つ〜かま〜えた〜♡』の恐怖シーンで、それまでのストーリー吹っ飛…

全く共感できなかった:tsora 2021/10/22

最後の最後まで、何一つ共感どころか意味不明でしかなかった。最初でDNA検査する…

う、わ、あ、:しまねけんみん 2021/10/22

なかなかひどいね。 特にひどいのは、男二人が話し合うとき、真面目にどっちが誰…

人の不幸より自分の名誉:しまねけんみん 2021/10/22

まぁ、ヒストリカルだし、時代的に名誉だけでなく、それを捨てる際のデメリット…

原作の方が筋が通ってるかな:マキノ 2021/10/22

あとから原作読むと、コミックはページ数のためいろいろ端折ってた。絵はきれい…

reviewって、あてになる:しまねけんみん 2021/10/22

絵もストーリーも何もかもがあまりにもうざくて、途中で断念してから評価を拝見…

楠桂の絵に似てる:しまねけんみん 2021/10/22

平たくて機械的な。 しかしクソみたいな話でした。 妹になる人だから、じゃない…

このページの先頭へ