ホーム > 小説一覧 > 2人の戦士と乙女の激しすぎる夜~淫欲の呪いがとけるまで~

2人の戦士と乙女の激しすぎる夜~淫欲の呪いがとけるまで~

2人の戦士と乙女の激しすぎる夜~淫欲の呪いがとけるまで~

貴族の養女ミラは美しい娘に成長したが、黒い妖精に“欲望”という呪いをかけられてしまう。ミラを完全に満たしてくれる者に出会うまで、常に身体の疼きに苛まれるというのだ。そんなある日ジェラードとアランという2人の美貌の戦士がミラの屋敷の前で出会う。かつて2人は友情以上の関係で結ばれた仲だったが、黒い妖精によって、“誰かを完全に満たすまでは決して結ばれない”という呪いをかけられていた。3人は、互いこそが呪いを解く鍵だと確信したが、3人でどう“満たし合う”というのか……。答えはなくとも、ミラを日夜襲う狂おしいまでの欲望はやまない。ジェラードはミラを四つん這いにさせて尻を打ち、アランは甘く淫らに奉仕し、連日連夜それぞれが刹那の淫欲にふけり、悶えるミラをなだめるうち、ついにその瞬間が訪れる。ジェラード、アラン、そしてミラが完全に、そして同時に満たされる瞬間が――。

2.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
1
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大1,200文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 330円 / 330円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

2人の戦士と乙女の激しすぎる夜~淫欲の呪いがとけるまで~ のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ヴァレンタインに誕生のベイビー:BD 2021/09/28

原題から、この赤ちゃんは約3200gの重さになるのかな?記憶喪失で行方不明…

いい話なのかわからない:くまはくまた 2021/09/27

原作より翻訳が、苦手。クエスチョンマークが多すぎて会話がわざとらしくなり読…

成人が描けない作家さんは:chipic 2021/09/28

ハーレ向きではないことを分かって欲しい。 ラブシーンにもロマンチックさが全然…

特典につられて購入:ラスカル 2021/09/28

アナザーストーリーが読みたくて購入しました。そちらもユーモラスでとても面白…

個人的には憧れる(笑)悪人がいない世界感:ももはちろう 2021/09/27

こんなに適当な事をする外国人を許し、さらには気にしない世界を個人的には憧れ…

途中までは凄く面白かったです。:ももはちろう 2021/09/28

何だか話が最後ストンと終わってしまって、HQあるあるの最後ぶつ切りでした。試…

超苦手:スネ夫 2021/09/28

絵もうるさいし出てくる人全員うるさくてヒロインは病んでます

ボスヒーローが素敵♡:miriam 2021/09/28

首を長くして待った花牟礼サキ先生の最新作を堪能いたしました。ヒロインは大胆…

ゴミ箱漁りから実業家へ!立派なヒーロー✨:なの 2021/09/27

他の方のレビュー見てシリーズ4冊全部読んでることに気づきましたが、時間置い…

作者買い:ラスカル 2021/09/28

オリジナル作品のようですが、画も美しくとてもロマンチック。それだけでも大満…

このページの先頭へ