ホーム > 小説一覧 > 狼王子と囚われの兎

狼王子と囚われの兎

狼王子と囚われの兎

「純潔の花は散ったが、女としてはまだまだ蕾だな。俺が咲かせてやろう」■「悦ばせるということがどういうことか教えてやろうか」 仕事を求める村娘コレットは、ソラトナ王国の建国三百年を祝う祭で賑わう王都ロクスを訪れ、女衒に売られそうになる。必死で逃げ出し、迷い込んだ王家の敷地で、今度は立ち入り禁止の場所に侵入した罪で捕らえられて!? だが、この出来事は、王宮仕えの占術師によって、既に予言されていたものだった。『王家と国の繁栄のための生贄の兎は、再び森へと迷い込む』――言い伝えの通り、狼の紋章を掲げるセイアッド家に生贄の兎として捧げられたコレットは、体を清められ、次期国王ジェラルドの元へと差し向けられた。言い伝えを信じないジェラルドは、コレットを冷たくあしらい、戯れに遊ぶのみ。だが、生贄としての務めを果たそうと、懸命に奉仕するコレットに、ジェラルドは次第に興味を抱き、コレットを激しく求め始める。ジェラルドの激しい愛に、身も心も傾き始めるコレットに対して、あくまで彼女を捧げ物として扱うジェラルド。擦れ違う想いにコレットが苦悩し始めたそんな折、ジェラルドの双子の弟ディオリスもまたコレットに興味を持ち始め……? 伝説と三人の想いが交錯するファンタジックロマンス!

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大1,800文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
出版社 TL◆蜜姫文庫チュチュ

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

狼王子と囚われの兎 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

満足:Ruka 2021/06/16

二人のラブラブの様子が見られたので、私は満足です。亡兄の子供に愛情を注ぐヒ…

ロマンスってどこにあったんだろう…:ぴりり 2021/06/16

結局は2人とも一目惚れ状態だったけど、最悪な状況で出逢ってしまったから心の…

そこまででもないかな:あかい 2021/06/16

内容は、余り期待して読むほどではなく、むしろサラッと流し読むくらいがいいの…

めぐりあう絆:ゴンジュ 2021/06/16

材料はいいのだが、いまいち盛り上がりに欠ける。

あとがきに納得:kou 2021/06/16

確かに謎は多いのですが(笑)。でも、とても素敵なお話でした。こんな神様の采…

いつの時代なのかしら…:ぴりり 2021/06/16

自宅でのディナーに着てるドレスがどんだけフリフリゴテゴテか〜〜〜!ってちょ…

全てがセンスがいい:tsora 2021/06/16

ジェイミーの優しさと自立心は、軟な男にはついていけないと思う。学生の時と同…

話は嫌いじゃない:ハレルヤ 2021/06/15

が、ヒーローが自分の過去にこだわるパターンはろくなのがないよね。 ヒロインの…

不完全燃焼:むんちゃん 2021/06/15

物足りない感じでした。大学時代の友人と会った時もストーカー女性に会った時も…

嘘つきすぎ:アンティグア・バーブーダ 2021/06/15

ただでさえアホみたいな顔でイライラさせられるのに、「(夢か男か聞かれて)私…

このページの先頭へ