ホーム > コミック一覧 > コミック原作者一覧 > ゲイル・ウィルソン

検索結果

ゲイル・ウィルソンGeyle Wilson

ゲイル・ウィルソン

リンダ・ハワードも〝絶妙な会話のセンスといい、個性豊かな人物設定といい、読者をストーリーに引き込むすべを心得ている〟と絶賛する実力派。その作品は、映画のようにドラマティックでありながら緻密なプロット、ホットなラブシーン、オトナな主人公たちの繰り広げる恋模様、と幅広い魅力にあふれている。おもにシルエット・ラブストリーム、ハーレクイン・ヒストリカルで活躍中。 ロマンス小説の最高峰とされるRITA賞に6回ノミネートされ、2度の受賞歴を誇るゲイル・ウィルソンだが、教師、妻、母親の三役で大忙しだった頃は、ロマンス作家になろうとは夢にも思わなかったという。しかし、根っからのロマンス小説ファンで、良書を読むことで日常のストレスを忘れたかったという。国語と歴史の教師である彼女にとって、手の空いた時間にヒストリカル・ロマンスを書いてみるというのは、自然の流れだった。処女作がハーレクイン・ヒストリカルから刊行され、1995年のRITA賞ベスト・ファースト・ブック賞の最終候補作となる。以来、ハーレクイン社から短編をあわせて40冊以上を発表している。 RITA賞に初めてノミネートされた後も、 1999年、2000年、2001年、2004年に同賞の最終候補作に選ばれ、2000年にはベスト・ロマンティック・サスペンス短編賞、2004年にはベスト・ロマンティック短編賞を受賞した。他にも50を超える受賞およびノミネート歴がある。

検索条件

検索結果

  • 3タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

ポイント2倍

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

一冊じゃ入りきれない…:TOMI8  2021/07/26

原作がドラマチックでコミック版楽しみにしてたのですが、端折りすぎてストーリ…

妹の友人を遊び相手に選ぶなんて………:とっと 2021/07/26

ヒーロー、元カノと別れたからって、自宅で妹のパーティに招待されてたヒロイン…

実験的なコミカライズ。でも上手くまとめてる:LLL 2021/07/25

現代日本のお一人様ヒロイン1が、不思議な本屋で手にした本の世界に入り、その…

軽やかな描写が好き〜✨:ぴりり 2021/07/25

冒頭、ヒロインの取材対象者への失礼な思い込みにイラッとしましたが、読み進め…

ツッコミどころだらけなのに癖になる:ガリガリ君 2021/07/26

導入部からツッコミどころだらけで(特にエロ小説みたいな契約書、あんなの見た…

うーん。これってハーレクインですか?:ベルガモット 2021/07/25

ストーリーにぎこちなさがあって、なんか酷い。母が亡くなったばかりなのに、思…

恋愛と勝負ごとに関して:むんちゃん 2021/07/25

ヒーローに傷付けられ嘆くヒロインだけど、最初から「恋愛と勝負ごとに関しては…

えっ…。:ベルガモット 2021/07/24

ヒーローには、狂気を感じる。カウンセリングを受けた方がいいのではないか?変…

ヒーロー誠実でいい人だった✨:なの 2021/07/25

傲慢ヒーロー慣れしてたから、誠実なヒーローが出てくると胸がトキメキます〜(*≧…

ヒーローにモヤモヤ:とっと 2021/07/24

ヒロインを見下すような上流階級の女性のことを、ヒーローただのビジネス上の付…

このページの先頭へ