検索結果

デボラ・ヘイルDeborah Hale

デボラ・ヘイル

別の時代、別の国々へと読者をいざなう、ヒストリカルの旅人、デボラ・ヘイル。ラテン語で「新しいスコットランド」という意味の、カナダのノバ・スコシア在住。 デボラの両親いわく、彼女は生後わずか7カ月で話しはじめたそうだ。それ以来、彼女はずっと物語を語りつづけている。 子どものころ、デボラは同郷カナダのL・M・モンゴメリーのあらゆる作品をむさぼり読んだ。お気に入りは『アンの娘リラ』と『丘の家のジェーン』だという。作文コンテストでもらった賞品がチャーチルの『Heroes of History』という色鮮やかな本。それが歴史への関心を駆り立てた。 10 年かけて、自分の祖先がジョージ王朝時代のイギリスまでさかのぼることを調べた。同時に、この間にロマンス・ストーリーに生かせる魅力的な実話をいくつも掘り起こすことができた。以来、数々のコンテストにトライし、ついに1997年、アメリカロマンス作家協会のゴールデン・ハート賞を受賞した。受賞したのは何度も書き直した作品だった。 翌年のバレンタインデーには、ハーレクイン・ヒストリカルからデビューを果たす。現在まで多くの作品を発表しているが、その舞台は中世ウェールズから19世紀イングランド、現代アメリカのモンタナ、故郷であるアトランティック・カナダまでバラエティに富み、時代を書き分ける才能は特に目をひく。

検索条件

検索結果

  • 17タイトル
  • 2ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1 2

<< 前へ

1 2

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

傲慢ヒーロー:ハル 2020/10/27

ベディ・ニールズは大好きなので、結構な数を読んでいますが、ここまで思わせぶ…

ヒーローがかわいい:ろびん 2020/10/26

復讐系ヒーローには珍しく、ヒーローがなんだかかわいくて楽しく読めました。ハ…

終わりよければすべてよし(?):kou 2020/10/26

ハッピーエンドで良かったけれど、義姉妹のクレシ―は少し痛い目にあってほしかっ…

長編サスペンス:むんちゃん 2020/10/26

読みごたえのある長編サスペンスでした。複線が張り巡らされていて、とても面白…

これで終わり??:風吹 2020/10/25

この先生の作品は必ずしも結末までぶっとぶわけではないので、恐らく原作に対し…

私もラストがちょっと…:シャドール 2020/10/25

ジェシカの作品なので暴君、健気なヒロインという設定は想像していましたが、ち…

早く続きを!:マリン 2020/10/25

早く次が読みたい!ローズはどうなるの?

よくあるロマンティックサスペンス:ハル 2020/10/25

ハーレっぽくはないけど、よくあるロマンティックサスペンスです。軽快な文章で…

あまりに評判がわるいので:とむ 2020/10/26

かえって気になってしまい購入してしまいました。そもそもハーレクインって今ど…

話の内容より絵が致命的:スサト 2020/10/26

黒髪のヒーローが、途中黒髪を塗られなくなり、ページが全部白くメリハリがない…

このページの先頭へ