ホーム > コミック一覧 > コミック原作者一覧 > バーバラ・マコーリィ

検索結果

バーバラ・マコーリィBarbara McCauley

バーバラ・マコーリィ

おもにシルエット・ディザイアを中心に作品を発表し、北米大手書店のウォールデン・ロマンス・ベストセラーリストにたびたび登場する作家。これまでにも六度RITA賞の候補に残り、ロマンティックタイムズ誌の賞を何度も受賞した実力の持ち主。情熱的なラブシーンと登場人物の巧みな心理描写には定評があり、とりわけミニシリーズ『秘められた思い』は人気が高い。 南カリフォルニアに生まれ育ったバーバラは5人きょうだいの末っ子で、早くに空想と読書のすばらしさを知った。1991年にデビューして以来数多くの作品を発表した今も、ロマンス小説の熱心な読者で時間の許すかぎり読みふけっている。 自分の作品はすべて気に入っているが、特に思い入れが強いのは「スウィート・リベンジ」(初版2000年7月刊D-849・再版2004年8月刊P- 228)。ミニシリーズ『秘められた思い』の第一話にあたり、ヒーローとヒロインには特別な絆を感じるという。 現在も南カリフォルニアで愛する夫と二人の子どもたちとともに暮らしている。趣味は料理とガーデニング。バーバラいわく、“お料理は大好き。でも締め切りが迫ると簡単レシピとテイクアウトの食べ物が必需品です” デビュー当時は執筆にタイプライターを使っていたが、今はコンピューターを駆使し、みずからのホームページも持つ。自宅の庭の写真を公開したり、読者とのコミュニケーションの場として活用したりと重宝していると語る。妻そして母としての役割に加え、執筆に追われる忙しい毎日だが、アメリカロマンス作家協会のオレンジ郡副支部長も務めている。

検索条件

検索結果

  • 2タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

満足:Ruka 2021/06/16

二人のラブラブの様子が見られたので、私は満足です。亡兄の子供に愛情を注ぐヒ…

ロマンスってどこにあったんだろう…:ぴりり 2021/06/16

結局は2人とも一目惚れ状態だったけど、最悪な状況で出逢ってしまったから心の…

そこまででもないかな:あかい 2021/06/16

内容は、余り期待して読むほどではなく、むしろサラッと流し読むくらいがいいの…

めぐりあう絆:ゴンジュ 2021/06/16

材料はいいのだが、いまいち盛り上がりに欠ける。

あとがきに納得:kou 2021/06/16

確かに謎は多いのですが(笑)。でも、とても素敵なお話でした。こんな神様の采…

いつの時代なのかしら…:ぴりり 2021/06/16

自宅でのディナーに着てるドレスがどんだけフリフリゴテゴテか〜〜〜!ってちょ…

全てがセンスがいい:tsora 2021/06/16

ジェイミーの優しさと自立心は、軟な男にはついていけないと思う。学生の時と同…

話は嫌いじゃない:ハレルヤ 2021/06/15

が、ヒーローが自分の過去にこだわるパターンはろくなのがないよね。 ヒロインの…

不完全燃焼:むんちゃん 2021/06/15

物足りない感じでした。大学時代の友人と会った時もストーカー女性に会った時も…

嘘つきすぎ:アンティグア・バーブーダ 2021/06/15

ただでさえアホみたいな顔でイライラさせられるのに、「(夢か男か聞かれて)私…

このページの先頭へ