検索結果

リアン・バンクスLeanne Banks

リアン・バンクス

明るく情熱的な作風で大人気のリアン・バンクスはシルエット・シリーズを代表する作家の一人。1996年9月に「時には危険な恋のように」(N-642)で日本デビューを果たした。競争の激しいアメリカのロマンス小説界で売上げナンバーワンを誇る彼女は数々の賞を受賞した経歴の持ち主。どの作品にも個性豊かな登場人物、ユーモア、セクシーなラブシーンと、読者を惹きつけてやまない多くの要素が含まれており、リアンの作家としての才能をうかがいしることができる。また、ストーリー作りの上では舞台となるロケーションを重視し、とりわけバージニアやノースカロライナ、テネシーなどの小さな町を好んで描く。小さな町こそ独特な魅力にあふれているというのが持論で、彼女の作品にはそうした町の個性的な住人たちが息づいている。 読者からの手紙を励みに執筆活動に取り組むリアンだが、特に心に残っているのは、深刻な健康問題を抱えた女性から寄せられた一通のファンレター。“あなたの作品は世界中のどんな薬よりも効果があります。陳腐に聞こえるかもしれませんが、私はあなたの描くヒーローのおかげで人生はすばらしいと思えるのです”リアンはロマンス小説の読者は、愛とは偉大な奇跡であるということを知っている点で世界一すてきな読者だと語る。 現在、生まれ故郷のバージニアに居を構え、夫と息子、娘と四人で暮らす。好きなものはチョコレート、音楽鑑賞、警句を引用すること、未知の世界への冒険とさまざまだ。最近の彼女の冒険はカリブ海でのシュノーケリングや象の背に揺られての散策。そして目下継続中にして最大の冒険は、二人の子供の子育てだという。男性には誠実さを求めるというリアンが最愛の夫と仲むつまじくいられる秘訣は“相手のすべてを知っているなどと思わず、常にパートナーに関心を抱き続ける”こと。さらに、好きな映画は「美女と野獣」と語る根っからのロマンティストである。

検索条件

検索結果

  • 78タイトル
  • 5ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1 2 3 4 5

<< 前へ

1 2 3 4 5

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

悲しく切なくそして:まーちゃん 2020/09/27

温かな優しさに満ち溢れたラスト。こんなハーレクインもあるんですね。イヤイヤ…

台詞の醍醐味:まーちゃん 2020/09/27

みなみ先生の抒情詩のような台詞が大好きです。これがハーレ初作品とのこと。な…

立ち読み(無料)で終わり:UMIYASHI 2020/09/27

画力が拙すぎて話しになりません。このデキは原作者がかわいそうですよ…雑誌でも…

傲慢か一途か:むんちゃん 2020/09/27

ヒーローがどんな人なのか判断するのに時間がかかりました。でも何故か引き込ま…

ヒロインが好きではない:いお 2020/09/27

元婚約者に対しての仕打ちが酷すぎる。 母親への評価も他人にスノッブとか言っち…

ヒロインのネガティブ思考に今後も苦労しそう:LLL 2020/09/26

ヒーローは男性として完璧。だからついヒロインの欠点が目に付いてしまう。ネガ…

ヒーロー、ヒロインが素敵!:みっきー 2020/09/27

元々橘先生のヒーローが超好みで単行本で追いかけてたんですが、どこでも観れる…

コミックスの方が好きかな:sakura 2020/09/27

原作はとっても面白いけど仕事仲間が全員亡くなってヒロインだけ生き残って最後…

アッサリ:さわだ 2020/09/26

立ち読みで続きが気になって購入。 結末アッサリしすぎて拍子抜けしました。

途中までは面白かった…けど:きゃろる 2020/09/25

ヒーローもヒロインも恋愛感情に目が曇りまくってて冷静に状況を判断できていな…

このページの先頭へ