ホーム > コミック一覧 > コミック原作者一覧 > ルーシー・ゴードン

検索結果

ルーシー・ゴードンLucy Gordon

ルーシー・ゴードン

栄誉あるRITA賞を2度も受賞した実力派。緻密なプロット、生き生きとした登場人物は、評論家をもうならせる。特にイタリア人ヒーローを書かせたら秀逸! イングランドに生まれ、現在もイタリア人の夫とそこで暮らすルーシー。ずっと作家志望だった彼女はまずイギリスの女性誌に職を見つけ、特集担当記者として幅広い経験を積んだ。 ウォーレン・ベイティ、リチャード・チェンバレン、チャールトン・ヘストン、ロジャー・ムーア、アレック・ギネスなど、多くの魅力あふれる男優たちにもインタビューしている。 世界中を駆けめぐり独身生活を謳歌していたルーシーにとって、結婚はおろか恋愛さえも二の次だった。ところが休暇で訪れたヴェネツィアで、背が高くハンサムな地元の男性に出会い、彼女の考え方は一瞬にして変わってしまう。彼は出会って2日でルーシーにプロポーズ。3カ月後にふたりは結婚した。せっかちな恋は長続きしないと友人たちは言ったが、30年近くたったいまも彼らはロマンスの真っ只中だ。 イタリア人男性は世界一ロマンティックだと確信しているルーシー。ふたりそろって料理の名人でもある。 雑誌の仕事に携わって13年たったころ、ルーシーは書くならいましかないと思い立ち、『ローマの恋人たち』を執筆。これがハーレクイン社から刊行され、続いて『花ざかりの街』も執筆した。 そしてついに雑誌社を辞職し、ロマンス小説の執筆に専念。これまでに50以上の作品を発表している。 数年前に彼女は夫と再度ヴェネツィアにわたり、そこで2~3年暮らした。ルーシーはここを拠点にイタリア各地を訪れ、ヴェネツィアだけでなくローマ、フィレンツェ、ミラノ、シチリア、トスカーナなど、イタリア各都市を舞台にした小説を数多く発表した。『ローレライ愛の調べ』にはドイツのライン州も登場する。この作品は1991年のRITA賞を受賞した。98年にはローマが舞台の『愛の物語の結末は?』で、2度目のRITA賞に輝いている。 ルーシーと夫はその後イングランドに戻って暮らしている。これまでの作品の舞台は主にヨーロッパ、ヒーローはイタリア人かイギリス人が多かったが、アン・マカリスターとの競作ではイギリス貴族とモンタナのカウボーイが入れ替わるという新境地に挑んだ。その後、ロサンゼルスを舞台とした『ビンテージ・ラブ』で初めてアメリカ人ヒーローを描き、作品の幅を広げている。

検索条件

検索結果

  • 115タイトル
  • 8ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1 2 3 4 5 6 7 8

<< 前へ

1 2 3 4 5 6 7 8

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

へ?何がおきたの?:tsora 2021/10/23

最後の2P、もう笑うしかなかった。これは原作の問題か、はたまた漫画家?こんな…

カッコいいヒロイン:tsora 2021/10/23

最後まで自分を見失わない、本当にカッコいいヒロインでした。ついにハーレーで…

虐げられていたヒロイン:むんちゃん 2021/10/22

元夫に虐げられていたヒロインには、ヒーローに心を開いて幸せになって欲しいと…

ヒーロー弟のスピンオフ作品見たい(笑):らいら 2021/10/22

ヒーロー弟の『つ〜かま〜えた〜♡』の恐怖シーンで、それまでのストーリー吹っ飛…

全く共感できなかった:tsora 2021/10/22

最後の最後まで、何一つ共感どころか意味不明でしかなかった。最初でDNA検査する…

う、わ、あ、:しまねけんみん 2021/10/22

なかなかひどいね。 特にひどいのは、男二人が話し合うとき、真面目にどっちが誰…

人の不幸より自分の名誉:しまねけんみん 2021/10/22

まぁ、ヒストリカルだし、時代的に名誉だけでなく、それを捨てる際のデメリット…

原作の方が筋が通ってるかな:マキノ 2021/10/22

あとから原作読むと、コミックはページ数のためいろいろ端折ってた。絵はきれい…

reviewって、あてになる:しまねけんみん 2021/10/22

絵もストーリーも何もかもがあまりにもうざくて、途中で断念してから評価を拝見…

楠桂の絵に似てる:しまねけんみん 2021/10/22

平たくて機械的な。 しかしクソみたいな話でした。 妹になる人だから、じゃない…

このページの先頭へ