ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > アネット・ブロードリック

検索結果

アネット・ブロードリックAnnette Broadrick

アネット・ブロードリック

1986年2月「愛の狩人」(D-160)で日本デビューを果たす。その後、シルエット・ディザイアを中心に活躍中。2001年7月刊「結婚への招待」(D-900)は、シルエット・ディザイア900号記念号に選ばれる。 テキサス州に生まれたアネットは、高校卒業と同時に結婚。1年後に息子を出産し、7年間で四人の息子をもうける。その後の25年間は、四人の息子の世話と秘書の仕事に追われる毎日で、アリゾナ州、テキサス州、イリノイ州、オレゴン州を転々としながら生活する。その25年の秘書経験で作品の中に生かしたいと思うような有能な男性たちに出会ったことが、現在の執筆活動におおいに役立っていると語る。 彼女が本を書くことを思い立ったのは、一番下の息子が高校を卒業したときだった。ノートに書き上げた物語をタイプライターを借りて打ち直し、小説の書き方のクラスの先生に見せて批評してもらい手直しをしたという。さらに、ロマンス小説ファンの友人に読んでもらい意見を反映させた作品は、見事1984年にニューヨークのシルエットオフィスに採用される。現在は作家業に専念している。 自分の作品は、“四人の息子の中でお気に入りを選べないのと同じ”ようにすべてが気に入っているというアネット。好きなハーレクイン作家も、多すぎて選べないほどだという。今までに贈られたプレゼントで一番ロマンティックだったものはという質問にはこう答えた。“子どもたちがまだ小さくて、家庭も裕福ではなかったころ、夫と子どもたちがイースターのバスケットを作り、小さなうさぎの縫いぐるみといっしょに、わたしの枕もとに置いてくれました。それを見つけたときの感激は今でも忘れられません!”

検索条件

検索結果

  • 20タイトル
  • 2ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1 2

<< 前へ

1 2

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ヒーローがかわいい:ろびん 2020/10/26

復讐系ヒーローには珍しく、ヒーローがなんだかかわいくて楽しく読めました。ハ…

終わりよければすべてよし(?):kou 2020/10/26

ハッピーエンドで良かったけれど、義姉妹のクレシ―は少し痛い目にあってほしかっ…

長編サスペンス:むんちゃん 2020/10/26

読みごたえのある長編サスペンスでした。複線が張り巡らされていて、とても面白…

これで終わり??:風吹 2020/10/25

この先生の作品は必ずしも結末までぶっとぶわけではないので、恐らく原作に対し…

私もラストがちょっと…:シャドール 2020/10/25

ジェシカの作品なので暴君、健気なヒロインという設定は想像していましたが、ち…

早く続きを!:マリン 2020/10/25

早く次が読みたい!ローズはどうなるの?

よくあるロマンティックサスペンス:ハル 2020/10/25

ハーレっぽくはないけど、よくあるロマンティックサスペンスです。軽快な文章で…

あまりに評判がわるいので:とむ 2020/10/26

かえって気になってしまい購入してしまいました。そもそもハーレクインって今ど…

話の内容より絵が致命的:スサト 2020/10/26

黒髪のヒーローが、途中黒髪を塗られなくなり、ページが全部白くメリハリがない…

これはえぐい:杏 2020/10/26

初っぱなから厚かましい研修医が、上司にズケズケと言い寄って、常軌を逸した恋…

このページの先頭へ