ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > アン・マリー・ウィンストン

検索結果

アン・マリー・ウィンストンAnne Marie Winston

アン・マリー・ウィンストン

1994年に日本デビューを果たして以来、シルエット・ディザイアで数多くの作品を発表。読者を惹きつける巧みなストーリー運びとセクシーなラブシーンで高い人気を誇っている。ロマンス小説に関わる賞をたびたび受賞し、USAトゥデイなどのベストセラーリストに頻繁に顔を出す実力派である。 アメリカはペンシルバニア州出身。以前は教育関係の仕事に従事していた。長年ロマンス小説の愛読者だったにもかかわらず、1989年に最初の作品を書くまで筆をとろうとは思いもよらなかったという。当時、彼女はふたりの乳飲み子を抱え、あまりのおしめの多さに正気ではいられなくなって思いきった行動に出たとのこと。作家になった今でも、自分の作品を買い求めてくれる読者がいるのが信じられないと謙虚に語る。 作家の集うさまざまな協会に所属しているアン・マリーはアメリカロマンス作家協会ワシントン支部のメンバーでもある。主要な役職を務めた功績をたたえられ、名誉役員の資格を与えられた。ロマンス作家協会の全国大会や国際会議で講演を行ったこともある。1998年にはシリーズロマンスの作家を代表して、かの有名なスミソニアン大学での創作講座に招かれた。このような活動のおかげで、ノーラ・ロバーツやルース・ランガンといった同業の有名作家とも親交があり、彼女たちの作品を好んで読むと語る。また、リンダ・ハワードの大ファンでもある。 現在は夫とふたりの娘とともに暮らす。趣味は読書をはじめ、フィギュアスケート、アマチュア劇団での活動やダンス、ガーデニングやスクラップブック作り、チョコレートを食べることと幅広い。 長年連れ添った夫とは相思相愛の関係を保ち続けている。お互いのために歌を歌ったり、ときには家の周りで二人でダンスを踊ることも。とりわけロマンティックな思い出といえば、夫からプロポーズされたときのことだという。「彼に薔薇の花束を渡されました。かぐわしい香りに顔を寄せると、花束の奥にダイヤモンドの指輪があったのです!」

検索条件

検索結果

  • 13タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

儚げな絵柄がストーリーにマッチ:みむら 2021/03/06

この先生はいつもGペンで書いたようなパワフルで合間にコメディな所が好きなん…

ひさびさに読み飛ばしました:kou 2021/03/06

話が唐突すぎてついて行けません……。ヒロインはずっと赤面してるし、ヒーローは…

拙い:ままん 2021/03/06

絵が幼いと言うか拙い 子供のぬり絵の微妙なO脚の女の子が微妙なポージングで立…

情熱的な夜を過ごした後の意外な展開…:ぴりり 2021/03/06

いつもの傲慢ヒーローと毒女の事を疑ってうじうじするヒロインの話しだと思った…

どいつもこいつも…:bluestar☆ 2021/03/06

登場人物はバカモノか計算高い人ばかり。 スカーッとなんかしない。 ムナクソ悪…

不幸な結婚生活:むんちゃん 2021/03/05

胸がつぶれる思いでした。ヒロインが自分を攻め内向的になった様子と拒絶された…

情熱的に燃えあがる2人がリアルかも…:とみぃ 2021/03/05

いつもながら荻丸先生の作品、心にじわじわ染み込みます。 登場人物それぞれの…

ファッションが可愛い:ワニャンニュ 2021/03/05

絵も綺麗だしヒロインも可愛いんだけど、何だろう、バージンに関していろいろ短…

略奪から愛へ:むんちゃん 2021/03/05

集団で村を襲い子供達を略奪するなんて、嫌悪感が拭えませんでした。ヒーローは…

星3つ:熊ちゃん 2021/03/05

村田先生の絵が大好きです。 でも、今回のは謎解きで終わってしまってロマンスの…

このページの先頭へ