ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > デボラ・シモンズ

検索結果

デボラ・シモンズDeborah Simmons

デボラ・シモンズ

ハーレクイン・ヒストリカル作家の中でも、絶大な人気を誇るデボラの日本デビューは、1997年4月に刊行された「狼を愛した姫君」(HS-14)。それ以来、さまざまなシリーズが発表されている。 デボラはオハイオ州に生まれ、英語教師で自らも詩を書くことが好きだった母親から文章を書く楽しみを教えられたという。大学卒業後は広告代理店や新聞社の取材記者として勤務した経歴を持つ。ロマンス小説との出会いは、高校時代にゴシック作家の作品に夢中になったとき。ジャーナリズムの世界に身をおき、自分には文章を書く特別な技能があると感じていた彼女だが、出産を機に仕事を辞めたとき、初めて自分でも小説を書いてみようと思い立った。 現在もオハイオ州の田舎町に、夫と二人の子どもとともに暮らす。自宅のポーチにパソコンを持ち出して、のどかな景色を楽しみながら小説を書くこともしばしばあるという。 最近のハーレクイン作家の中で気に入っているのは、リアン・バンクス、エリザベス・ベヴァリー、ジョー・リーだというデボラ。愛する男性とロマンティックな関係を持続させる秘訣は、“自分が熱中できることと目標を持ち続けること!”だそう。 シャンパンとチョコレートがあれば最高に幸せというデボラは、今一番の夢はバンドをバックにして観客の前で歌を披露することと語る。

検索条件

検索結果

  • 13タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

(紙面既読)ハッピーエンド?:あかい 2022/08/14

ヒーローは、異父妹の異常さに気づいていた。そこへヒロインを連れてきた。企み…

頑ななヒロイン:むんちゃん 2022/08/13

津谷さとみ先生のコミックは大好きな作品の一つです。でも残念ながら小説のヒロ…

うん、頑張って!:エリカ 2022/08/13

足して2で割ればよさそうな2作目とのギャップ…でも画力はあるんだから、頑張れ…

最悪な結婚:ママリン 2022/08/13

最後までモヤモヤして、ヒーローもヒロインも残念でした。亡くなった妻が、いい…

うまくいかないってどういうこと?:しまねけんみん 2022/08/12

いやー、ほんと皆さんのレビューみてると、勝手ながらウンウンとうなずかされる…

全体的にはよかった…けど:ガリガリ君 2022/08/12

この先生のお話はハーレらしい派手派手さはなくてもしっとりした情感があって好…

双子のシンクロ:ガリガリ君 2022/08/12

かつてヒロインの姉妹が愛した人がヒーロー(あるいはヒーローが元恋人の兄弟)…

不快:しまねけんみん 2022/08/12

なにひとつ努力も取り柄もない女が、降って湧いた幸運にも気づかず人の心を踏み…

ギリシャ彫刻のような美しい描写✨:ぴの 2022/08/12

あみい先生の描かれる裸体がいつも美しい〜✨大人向けのロマンスにぴったりで素敵…

作者買いで失敗:miumiu 2022/08/13

なんじゃこりゃ って読み終えた後言ってしまったら 他のレビューのタイトルに …

このページの先頭へ