ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > デボラ・ヘイル

検索結果

デボラ・ヘイルDeborah Hale

デボラ・ヘイル

別の時代、別の国々へと読者をいざなう、ヒストリカルの旅人、デボラ・ヘイル。ラテン語で「新しいスコットランド」という意味の、カナダのノバ・スコシア在住。 デボラの両親いわく、彼女は生後わずか7カ月で話しはじめたそうだ。それ以来、彼女はずっと物語を語りつづけている。 子どものころ、デボラは同郷カナダのL・M・モンゴメリーのあらゆる作品をむさぼり読んだ。お気に入りは『アンの娘リラ』と『丘の家のジェーン』だという。作文コンテストでもらった賞品がチャーチルの『Heroes of History』という色鮮やかな本。それが歴史への関心を駆り立てた。 10 年かけて、自分の祖先がジョージ王朝時代のイギリスまでさかのぼることを調べた。同時に、この間にロマンス・ストーリーに生かせる魅力的な実話をいくつも掘り起こすことができた。以来、数々のコンテストにトライし、ついに1997年、アメリカロマンス作家協会のゴールデン・ハート賞を受賞した。受賞したのは何度も書き直した作品だった。 翌年のバレンタインデーには、ハーレクイン・ヒストリカルからデビューを果たす。現在まで多くの作品を発表しているが、その舞台は中世ウェールズから19世紀イングランド、現代アメリカのモンタナ、故郷であるアトランティック・カナダまでバラエティに富み、時代を書き分ける才能は特に目をひく。

検索条件

検索結果

  • 11タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

トントン拍子過ぎる:chipic 2021/07/29

話が何もかもトントン拍子に進んでドラマがないです。ヒロインがあれこれ悩んで…

焼け木杭に…:あかい 2021/07/29

この漫画家さんがかくと、皆同じ印象になる。ヒロインだけでなく女の子みんな恋…

自己中カップル:セーラ 2021/07/29

ここまで自己中カップルだとお似合いだなと思いました。でも、現実には、こうい…

どうして:あかい 2021/07/29

何でどうして?気に入らない人間に引っ張られるの?ズルッとした話の流れが、こ…

原作既読で:ハレル 2021/07/29

塩森先生!アッパレ!でございます。 ただしかし、原作を文庫で持っていて、未だ…

荻丸先生の作品は素敵な余韻が残ります✨:くまくま 2021/07/29

ヒロインを罵倒するヒーローに嫌な気分にさせられました。一番悪いのは重婚した…

ハッピーでよかった。:こりまだ 2021/07/28

チャーリーが終始可愛くって救われた。マークも悪いヤツじゃないから読んでいら…

悪魔のように美しいヒーロー:りょう 2021/07/28

幼少期に叔父から受けた虐待が痛ましくヒーローの心の闇となっています。それで…

一途な二人:むんちゃん 2021/07/27

再会し、一緒に帰国してからの二人はまるでハネムーンの様にラブラブでした。そ…

ヒロインが可愛い:ワニャンニュ 2021/07/28

絵が幼いと思ったんですが、ヒロインの可愛らしさには合ってると思いました ヒ…

このページの先頭へ