ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > デボラ・ヘイル

検索結果

デボラ・ヘイルDeborah Hale

デボラ・ヘイル

別の時代、別の国々へと読者をいざなう、ヒストリカルの旅人、デボラ・ヘイル。ラテン語で「新しいスコットランド」という意味の、カナダのノバ・スコシア在住。 デボラの両親いわく、彼女は生後わずか7カ月で話しはじめたそうだ。それ以来、彼女はずっと物語を語りつづけている。 子どものころ、デボラは同郷カナダのL・M・モンゴメリーのあらゆる作品をむさぼり読んだ。お気に入りは『アンの娘リラ』と『丘の家のジェーン』だという。作文コンテストでもらった賞品がチャーチルの『Heroes of History』という色鮮やかな本。それが歴史への関心を駆り立てた。 10 年かけて、自分の祖先がジョージ王朝時代のイギリスまでさかのぼることを調べた。同時に、この間にロマンス・ストーリーに生かせる魅力的な実話をいくつも掘り起こすことができた。以来、数々のコンテストにトライし、ついに1997年、アメリカロマンス作家協会のゴールデン・ハート賞を受賞した。受賞したのは何度も書き直した作品だった。 翌年のバレンタインデーには、ハーレクイン・ヒストリカルからデビューを果たす。現在まで多くの作品を発表しているが、その舞台は中世ウェールズから19世紀イングランド、現代アメリカのモンタナ、故郷であるアトランティック・カナダまでバラエティに富み、時代を書き分ける才能は特に目をひく。

検索条件

検索結果

  • 12タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

漫画家さんを尊敬:セーラ 2020/09/24

初めて原作を読んでからのコミックでした。原作はそりゃもうヒストリカル昼メロ…

BL漫画家なの?:杏 2020/09/24

いくらなんでもヒロインが極端な巨乳すぎて色気がない。 体つきにしても、丸太み…

久々にヒット:ハワイアン 2020/09/24

最初はバイオリストになっていく シンデレラストーリーかなと読んでいたけど、 …

ハーレではないです:みーさん 2020/09/24

サスペンスと恋愛、ハラハラドキドキしながら、まさに映画を見ていたような読後…

分からない:ふくふく 2020/09/24

このヒーローのどこに 愛せるところがあったのか 1ミリもわからない

とにかく読んでみて:ぽむぽむ 2020/09/23

この感動は、読めば分かる。言葉にならない…。

重厚なサクセスストーリー:kenken 2020/09/24

幼かったヒロインが、年月を経てたくましく魅力的になっていくところがとても良…

ヒーローが特にいい:ミミ 2020/09/24

毎回同じようなお話のベティニールズ作(申し訳ない。決して嫌いではないんです…

ふたりとも可愛い:ゆず 2020/09/22

なんとも珍しい感覚でした。 でも、主役の二人がいじらしくて 可愛かったですね。

ダッシュウッド家の長女エリナーは貴族の青年エドワードと出会い...:つつつ 2020/09/24

かよちゃんさんのおっしゃる通り、あらすじに、ダッシュウッド家の長女エリナー…

このページの先頭へ