ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > ミシェル・リード

検索結果

ミシェル・リードMichelle Reid

ミシェル・リード

1997年に日本デビューして以来、あっという間にハーレクイン・ロマンスを代表する作家に。現実的な要素の中にもドラマティックな展開を濃密な筆致で綴るその作風は、多くの読者に愛されている。 マンチェスターの大きな住宅団地で、騒々しい五人兄弟の末っ子として育つ。兄弟間の競争は激しく、おかげで子ども時代にかなり鍛えられたとミシェルは言う。家庭は貧しく、母親はよく子どもたちに、本という痛くもかゆくもないものより、人は実際の経験から人生を学ぶことになっているのだと語っていたらしい。だが、実際にはその母親が、週に二度バスで図書館へ行き、読書が大好きな子供たちのために、本を借りてきてくれていたのだという。 ミシェルもやはりフィクションを読むのが大好きで、ブライトンの児童文学に始まり、「若草物語」やその続編、そして古典的なロマンス小説を読みふけるようになる。 ずっとロマンス小説は好きだったが、ハーレクインの本に出会ったのは、わりと遅いほうだった。だが、ハーレクインを読んで以来、自分でもロマンス小説を書きたいという思いが強くなっていったという。それでも、実際に作家になり、その仕事がこれほど自分の人生の重要な位置を占めるようになるとは、夢にも思っていなかったとか。 現在はイングランドの美しいチェシャーの田舎に、夫と娘たちとともに住む。 趣味は読書とバレエ。機会があればテニスも楽しむという。

検索条件

検索結果

  • 63タイトル
  • 4ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1 2 3 4

<< 前へ

1 2 3 4

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

私もこのシリーズ大好き:ささみみ 2020/10/20

2人の甘く切ない想いがあって、ひざまづいてのプロポーズは羨ましい限りです。…

ロマンス少ない:金鳳花 2020/10/20

サスペンスありーの、ホラー要素ありーの、神霊もありーの、そしてお笑い要素も…

偽善者だらけで:ぽむぽむ 2020/10/19

読後感が最悪でした。自分の事が一番大事な人達の話としか思えない。嫁と子供を…

愛読書にしておきたい:ハワイアン 2020/10/20

一読するだけではもったいない。 愛読書にしておきたいと思う一冊でした。

愛とは危険を冒すこと:むんちゃん 2020/10/18

大金持ちで傲慢ヒーローと貧しいけれど清らかなヒロインの物語の形をしています…

絵がおそまつすぎ:しまねけんみん 2020/10/19

ストーリーははいて捨てるほどありそうなやつなのに、 絵がおそまつなのでこの…

北斗の〇〇かと思った:しまねけんみん 2020/10/19

漫画家を名乗ってはいけないレベル。 原作がかわいそう。 先を読むことができな…

ヒーローめっちゃポジティブ:ワニャンニュ 2020/10/19

笑顔も明るくていいですね 絵も綺麗だし読んでて気持ちがいいです でもこれシ…

人の命がかるーーい:しまねけんみん 2020/10/19

いくらご都合主義のハーレでも ここまで展開のためだけに人が死ぬのも 珍しい。 …

ラブ サスペンス:むんちゃん 2020/10/18

単純なラブストーリーを想像して読み始めました。予想に反してサスペンスでした…

このページの先頭へ