ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > ルーシー・ゴードン

検索結果

ルーシー・ゴードンLucy Gordon

ルーシー・ゴードン

栄誉あるRITA賞を2度も受賞した実力派。緻密なプロット、生き生きとした登場人物は、評論家をもうならせる。特にイタリア人ヒーローを書かせたら秀逸! イングランドに生まれ、現在もイタリア人の夫とそこで暮らすルーシー。ずっと作家志望だった彼女はまずイギリスの女性誌に職を見つけ、特集担当記者として幅広い経験を積んだ。 ウォーレン・ベイティ、リチャード・チェンバレン、チャールトン・ヘストン、ロジャー・ムーア、アレック・ギネスなど、多くの魅力あふれる男優たちにもインタビューしている。 世界中を駆けめぐり独身生活を謳歌していたルーシーにとって、結婚はおろか恋愛さえも二の次だった。ところが休暇で訪れたヴェネツィアで、背が高くハンサムな地元の男性に出会い、彼女の考え方は一瞬にして変わってしまう。彼は出会って2日でルーシーにプロポーズ。3カ月後にふたりは結婚した。せっかちな恋は長続きしないと友人たちは言ったが、30年近くたったいまも彼らはロマンスの真っ只中だ。 イタリア人男性は世界一ロマンティックだと確信しているルーシー。ふたりそろって料理の名人でもある。 雑誌の仕事に携わって13年たったころ、ルーシーは書くならいましかないと思い立ち、『ローマの恋人たち』を執筆。これがハーレクイン社から刊行され、続いて『花ざかりの街』も執筆した。 そしてついに雑誌社を辞職し、ロマンス小説の執筆に専念。これまでに50以上の作品を発表している。 数年前に彼女は夫と再度ヴェネツィアにわたり、そこで2~3年暮らした。ルーシーはここを拠点にイタリア各地を訪れ、ヴェネツィアだけでなくローマ、フィレンツェ、ミラノ、シチリア、トスカーナなど、イタリア各都市を舞台にした小説を数多く発表した。『ローレライ愛の調べ』にはドイツのライン州も登場する。この作品は1991年のRITA賞を受賞した。98年にはローマが舞台の『愛の物語の結末は?』で、2度目のRITA賞に輝いている。 ルーシーと夫はその後イングランドに戻って暮らしている。これまでの作品の舞台は主にヨーロッパ、ヒーローはイタリア人かイギリス人が多かったが、アン・マカリスターとの競作ではイギリス貴族とモンタナのカウボーイが入れ替わるという新境地に挑んだ。その後、ロサンゼルスを舞台とした『ビンテージ・ラブ』で初めてアメリカ人ヒーローを描き、作品の幅を広げている。

検索条件

検索結果

  • 66タイトル
  • 5ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1 2 3 4 5

<< 前へ

1 2 3 4 5

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

元カレに言いたい:tsora 2021/09/19

婚約式の翌日に別れを言い出すのは人間としてあり得ん!でも、意外とダサかった…

毒母たちの存在が辛い………:ぴりり 2021/09/19

ヒロインは単純にヒーローとのすれ違い生活が嫌で出て行ったわけではなく、別の…

絵は雰囲気があってよかった。:あかい 2021/09/19

最近はPCで描かれた絵が多くなってきているようですが、この作品は柔らかさがあ…

おこちゃまヒーロー:tsora 2021/09/19

こんな人と結婚?!もう何も申し上げることはございません。これは価値観の違い…

やっぱり:tsora-t 2021/09/19

あのカットシーンでしょう。最高に面白くて笑っちゃいました。でも、内容は特に…

誘惑するヒロイン:むんちゃん 2021/09/19

ヒーローを誘惑しようと画策するヒロインがキュートで可愛らしいです。一途にヒ…

不幸の文字しか目に浮かばない:tsora 2021/09/19

これは愛とは言わないと思う。最初から最後まで信頼関係を構築する様子も見えな…

両片思いのすれ違い:fraise 2021/09/19

お互い相手に好意を持っていて、気持ちを探り合いすれ違い…というストーリーは大…

背景が残念:fraise 2021/09/19

ヒロインの変身前、変身後どちらも魅力的で、ストーリーにも説得力のある素敵な…

良かった:ベルガモット 2021/09/19

良かった。もう一ページ二人の幸せな様子が見たかった。

このページの先頭へ