ホーム > 小説一覧 > 愛された不思議

愛された不思議

愛された不思議

彼はなぜ、ここがわかったの?スペインの隠れ家に現れた夫を見て、エミリーは愕然とした。身重の彼女を疎んじ、秘書と一夜を過ごした夫に愛想を尽かし、ロンドンの家を出てから一年余りが過ぎていた。「僕はすでに目的を果たしたよ」エミリーがはっとして夫の車を見やると、そこに息子の姿が。「子供と離れたくないなら、僕についてくるんだ」半ばさらわれるようにして彼女が連れていかれたのは、フランスのロワール渓谷にある古城だった。夫は私と息子を幽閉するつもりなのだろうか。

3.0 評価集計 3件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
1
 

評価3
2
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 660円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

愛された不思議 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

話は嫌いじゃない 評価3 3

が、ヒーローが自分の過去にこだわるパターンはろくなのがないよね。 ヒロインのこと愛しているのに、見当違いの気の使いよう。ヒロイン、不安になるわな。 秘書も問題だったし。

参考になりましたか?はい いいえ
愛された不思議 評価3 3
ハーレクイン ライブラリで購入済み

これと同じような内容のものがこの頃のトレンドかなあ。幼いときからの自制心で感情や愛情を表に出せない。心の中ではあいしているのに・・・ いまいち。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

ポイント2倍

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

セクシーで誠実なシークが素敵✨:ぴりり 2021/08/02

妊娠していたヒロインに再会して、疑ったりせずに自分の子ではないかとすぐに認…

アンディ:ネコネコ 2021/08/03

ハーレでは読めないだろうけどスピンオフでアンディがナイスガイと結ばれる話が…

元夫が:ネコネコ 2021/08/03

描かれていなかったので、ヒロインのことが今一つつかみとれませんでした。 なの…

切ない思い:むんちゃん 2021/08/02

ヒーローの苦悩に同情し、自制心の強さに尊敬します。そしてヒーローの告白を聞…

連載もの…?:ネコネコ 2021/08/02

最初から意味がわかりませんでした。「これまでのお話」とか「登場人物について…

短編2作品だから…:とっと 2021/08/02

なんで短編にしたんでしょうか?お話が軽すぎて物足りない〜! どっちのヒーロ…

基本的に控えめなヒロインが好みだけど…:くまくま 2021/08/03

本当にWヒロイン達が強烈すぎてヒーローが霞んじゃった(笑)本音をバンバン言い…

教養も身につくハーレクイン✨:なの 2021/08/02

デザートローズって、前にも他のハーレで出てきた気がするけどよく調べてなかっ…

ドラマチックで素敵✨:とっと 2021/08/02

出会って間もなく2人して監禁される羽目になっって、まあすることもないし、危…

ヒロインが面倒臭い性格(笑):ぴりり 2021/08/02

はやさか先生の描かれる大人のパッションロマンスを期待していたのですが、いま…

このページの先頭へ