ホーム > 小説一覧 > ヴェネツィアの情事

ヴェネツィアの情事

ヴェネツィアの情事

ヘレナはモデルとして名をはせたが、虚構の世界に嫌気がさし、引退して親友だった初老のイタリア人アントニオと結婚した。結婚生活は穏やかだったが、ある日夫が突然の発作で亡くなる――ヴェネツィアにある有名なガラス工房を遺して。工房は経営状態もよくないようだが、亡き夫の唯一の遺産を守るため、ヘレナは単身ヴェネツィアに向かった。サルヴァトーレは亡き父の従弟アントニオが亡くなり、遺された工房の経営を元モデルの妻が引き継ぐと知って愕然とした。歴史ある工房は、ずっと喉から手が出るほど欲しかったものだ。美しいだけが取り柄の欲得ずくの女に渡しはしない。彼は心に誓った。

5.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 660円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

ヴェネツィアの情事 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

魅力的なヒロイン 評価5 5
ハーレクイン ライブラリで購入済み

傲慢ヒーローなんだけれど自分の非は素直に認めるところが素敵です。一筋縄ではいかないヒロインに先制攻撃を受け、反撃もかわされ振り回されるヒーローが気持ちいい。芯の強いヒロインとヒーローのやり取りが面白かった。ヒロインは美しいだけでなく内面も魅力的。ヒロインと元夫との関係性も良かった。とても楽しかったです。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ヒロインと馬が同じ価値…((((;゚Д゚))))))):ぴの 2022/08/18

王様が欲しがるくらいの競走馬だったら何億するのか………?ポンと出せちゃうのがハ…

最高!:SuperLois 2022/08/18

黒川先生の作品待ってました! もう最高!サイコー!最高! バシッと決めた美男…

不吉な絵:しまねけんみん 2022/08/18

壁画みたいな感じ。この方の職業はなんだろうと思います。が、それでも最後まで…

うーん:しまねけんみん 2022/08/18

ヒロインひくつすぎて、みていてつらい。何を言われても否定で返す。まじで読ん…

うーん、ヒロインなんとかして:しまねけんみん 2022/08/18

傲慢、不遜、無神経。時々ハーレにでてくるタイプ。敵認定したら、相手の人権と…

どうしても受け付けられない:しまねけんみん 2022/08/18

1話目、とにかく女がひどい。わがままお嬢様はいいんだけど。そういうパリピ感す…

わかりづらいしヒロインあほだし:しまねけんみん 2022/08/18

絵ぢからのなさで、正直老若男女の4パターンしかない。なかなかにオモシロイ設定…

素敵なエンディング!:ぴの 2022/08/17

甘いロマンスで終わり…ではなく、ヒロインのその後の人生が描かれているのが良か…

やさしい物語:purasan 2022/08/18

とても穏やかに流れる川のようなストーリーでした。ヒロインは過去の出来事から…

意外な展開✨:らいな 2022/08/17

甘々なロマンスではないけど、心に染み込んでくる幾つもの心地良い愛が溢れてま…

このページの先頭へ