ホーム > 小説一覧 > 八年の空白

八年の空白

八年の空白

早すぎる結婚がすべての過ちだったのかもしれない。夫は幼な妻のケイトにはばからず浮気を繰り返した。結婚したのは土地がほしかったからで、愛など元よりないというのだ。君は女としての魅力に欠け、夫婦生活をする気にもなれないと。愛を知らず、女としても未熟なまま2年ほど経ったとき、夫が連れてきたドミニクに、ケイトは強烈に心を奪われてしまう。けれど、それを見抜いたドミニクにふしだらな女と誤解され、生まれて初めて感じたときめきは残酷なまでに砕かれた。その後夫は亡くなり、ひっそりと暮らしていたケイトに、思いがけない再会が……いまだ彼女を蔑む、ドミニクだった。

4.5 評価集計 4件の評価
評価する
評価5
3
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 605円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

八年の空白 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

不幸な結婚生活 評価5 5
ハーレクイン ライブラリで購入済み

胸がつぶれる思いでした。ヒロインが自分を攻め内向的になった様子と拒絶された心情を思うと。ヒーローに再会した場面は息が詰まるようでした。不幸な結婚生活のトラウマから逃れられず、苦しむヒロインがとても気の毒でした。自分をさらけ出す事は勇気が必要だったでしょうね。引き込まれてあっという間に読んでしまいました。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

別人です:ニコ 2022/09/25

先生の話が柔らかくてほっこりするので、大体購入しております。 ただ、年々身体…

文月先生は好きだけど……:なの 2022/09/25

1回読んだだけじゃ理解できないかも(^_^;)

もう少し:味の子 2022/09/24

ヒロインは自分のことばのチョイスを考えた方がよいのかなぁ~と思います。相手…

伯母様が主人公だった:しまねけんみん 2022/09/24

最初わかい姪っ子が主役かと思っていたので、その先入観があって、なおさら伯母…

元軍人のヒーロー:むんちゃん 2022/09/23

アーサー王とか円卓の騎士の事を知っていたらより深く楽しめたと思う。不勉強で…

ヒーローが怒っている顔も格好いい♪:UMIYASHI 2022/09/24

しずく先生の作品を首を長~くして、待ちに待って掲載雑誌を購入して読みました…

めっちゃステキなお話だった!!!:しまねけんみん 2022/09/24

3.0じゃ、評価低すぎる。いや、ほんと他の方のレビュー通りだけど、二人の心の…

最後がなーーー:しまねけんみん 2022/09/23

いや、あそこまでの表情をさせるほどには傷つけてるわけだし。そりゃそうなるよ…

バカにし過ぎ:しまねけんみん 2022/09/24

電話で退職させといたから。不自由させないからって。。いや、日本人的な感覚で…

ヒロインがなぜにこんなに:しまねけんみん 2022/09/23

おばさん臭がするのか。。この漫画家さんは、ほんとにいつも女性に美を感じさせ…

このページの先頭へ