検索結果

アリソン・リーAllison Leigh

アリソン・リー

2000年に四部作『愛よ、おかえり』で日本デビューしたアリソン・リー。その第一話「妹なんて呼ばせない」(N-835)がシルエット・シリーズと初の出版契約を結んだ作品。この作品は、ロマンティックタイムズ誌で“才能あるストーリーテラー、アリソン・リーが描く感動いっぱいのラブストーリー”と高く評価され、同誌の1998年ベスト・スペシャル・エディション賞とベスト・ファースト・シリーズロマンス賞にノミネート。さらにアメリカロマンス作家協会のRITA賞ベスト・ファースト・ブック部門で最終選考まで残った。 カリフォルニア南部に生まれ、4つの州、8つの都市に移り住んできたアリソンは、幼いころから気がつくといつも何か読んでいるような少女だったという。小学校のハロウィーン祭で劇の脚本を書いたのをきっかけに、自然な流れでペンを執るようになった。 仕事は、美容家、コンピューター・プログラマー、秘書などを経験し、趣味も時とともに変わったが、読書が好きなことだけは変わらず、書くことへの欲求もますますつのっていったという。 ハーレクインの作家の作品で好きなのは、スーザン・ブロックマンのもの。その他、ノーラ・ロバーツや、クリスティ・リッジウェイの書く物語も好きだという。 作家としてのキャリアが軌道に乗り始めた彼女は、最近、10年近く携わってきた地元の教会の管理・運営スタッフの仕事を辞め、作家業に専念。現在はアリゾナの家で、夫と活発な娘二人とペットとともに、多忙ながらも充実した日々を過ごす。 *ベスト・スペシャル・ エディション賞:ロマンス小説専門情報誌であるロマンティックタイムズ誌上で批評家たちが、その年のシルエット・スペシャル・エディションの中からもっとも優れた作品に授与する賞。 *ベスト・ファースト・シリーズロマンス賞:ロマンス小説専門情報誌であるロマンティックタイムズ誌上で批評家たちが、シリーズロマンスの新人作家の処女作の中からもっとも優れた作品に授与する賞。 *ベスト・ファースト・ブック賞:アメリカロマンス作家協会(RWA)が、新人作家の処女作の中からもっとも優れた作品に授与する賞。

検索条件

検索結果

  • 4タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

さちみ先生大大大好きです♥️:エルン 2021/05/10

 さちみ先生の作品はいつも温かくて 心に響いていつも感動します この作品も素…

んー?:ささみみ 2021/05/10

1冊完結でよかったんじゃないかな?

さわやかなお話だったけど…:ぴりり 2021/05/10

セクハラ親父を避けるために誰でもいいからバージンを捨てたいってのはなんだか…

表紙はイマイチだけど…:くまくま 2021/05/10

お話はメリハリあってストレス無く読めました。いつもながら人物画が幼すぎて、…

淡々と…:とっと 2021/05/10

ときめくポイントが無かった………

どこが悪いというわけじゃなく……:ぴりり 2021/05/10

絵も綺麗だけど、盛り上がりが無いというか。たぶん、記憶に残らない作品です………

精神的にもろい年下ヒーローが新鮮だけど…:TOMI8  2021/05/10

私もヒロインの年齢が無茶苦茶気になりましたが、脳内で石田ゆ◯子さんのように年…

顔が上下から潰されてる…:とっと 2021/05/10

昔っからご活躍されてる作家さんだと思うのですが、こんなに顔が潰れた描き方を…

絵は古い感じですが、心に響く作品です:とっと 2021/05/10

献身的な愛で2人の愛を一つにしたのも束の間、ヒーローが受けた怪我の後遺症で…

ヒロイン、キャリアを捨てるのか〜〜:ぴりり 2021/05/10

愛するヒーローとその子供たちのために自分のキャリアも捨てるなんて、日本的な…

このページの先頭へ