ホーム > 小説一覧 > 大富豪と愛を語る花

大富豪と愛を語る花

大富豪と愛を語る花

香水会社のCEOだった亡き祖父の遺志を叶えるため、ジャスミンは南フランス最大手の銀行を訪れることにした。祖父が亡くなってから傾きつづけている経営を立て直すには、長年取り引きのあるその銀行の援助がどうしても必要なのだ。頭取のリュック・シャリエールとは面識がないけれど、この交渉を成功させなければ、あとがない。緊張感に包まれながら案内されたオフィスに足を踏み入れると、そこにいたのは、2カ月前に旅先で声をかけてきた不埒な男だった!あのときは警戒心が働き、失礼な態度でつっぱねてしまった。いま目の前に傲然と立つ彼の瞳は、明らかに謝罪を要求していて……。

3.0 評価集計 5件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
3
 

評価3
0
 

評価2
1
 

評価1
1
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 660円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

大富豪と愛を語る花 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】納得いかない 評価2 2
ハーレクイン ライブラリで購入済み

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
【ネタバレ】怒涛のドラマじゃないけど 評価4 4

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
【ネタバレ】大富豪と愛を語る花 評価1 1
ハーレクイン ライブラリで購入済み

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

満足:Ruka 2021/06/16

二人のラブラブの様子が見られたので、私は満足です。亡兄の子供に愛情を注ぐヒ…

ロマンスってどこにあったんだろう…:ぴりり 2021/06/16

結局は2人とも一目惚れ状態だったけど、最悪な状況で出逢ってしまったから心の…

そこまででもないかな:あかい 2021/06/16

内容は、余り期待して読むほどではなく、むしろサラッと流し読むくらいがいいの…

めぐりあう絆:ゴンジュ 2021/06/16

材料はいいのだが、いまいち盛り上がりに欠ける。

あとがきに納得:kou 2021/06/16

確かに謎は多いのですが(笑)。でも、とても素敵なお話でした。こんな神様の采…

いつの時代なのかしら…:ぴりり 2021/06/16

自宅でのディナーに着てるドレスがどんだけフリフリゴテゴテか〜〜〜!ってちょ…

全てがセンスがいい:tsora 2021/06/16

ジェイミーの優しさと自立心は、軟な男にはついていけないと思う。学生の時と同…

話は嫌いじゃない:ハレルヤ 2021/06/15

が、ヒーローが自分の過去にこだわるパターンはろくなのがないよね。 ヒロインの…

不完全燃焼:むんちゃん 2021/06/15

物足りない感じでした。大学時代の友人と会った時もストーカー女性に会った時も…

嘘つきすぎ:アンティグア・バーブーダ 2021/06/15

ただでさえアホみたいな顔でイライラさせられるのに、「(夢か男か聞かれて)私…

このページの先頭へ